• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.07.10

変態座談会 #4

語ろう! 桜庭和志×デイナ・ホワイト対談変態座談会

浅草キッドの玉袋筋太郎、構成作家・椎名基樹、プロレス格闘技ライター・堀江ガンツの“変態”3人が、酒を飲みながら好き勝手に語りまくる変態座談会。今回も飛び入りゲストでUFC通訳・小池瑞香を迎えて、あのビッグ対談について語ります!

ガンツ さて、今日(6月26日)の昼間はUFC日本大会の記者会見があったわけですけど、その会見後、KAMINOGE本誌用にビッグな対談をやってきたんですよ。

 

玉袋 おいおい、なんだよ!?

 

ガンツ じつは、デイナ・ホワイトと桜庭和志の対談が実現したんです!

 

玉袋 デイナとサク!? 最高じゃねえかよ!

 

椎名 マジで!? 

 

ガンツ しかも、デイナは分刻みのスケジュールだったにもかかわらず、なんとサクが来るってことで、1時間も取材時間に割いてくれたねすよ。

 

椎名 リスペクトがあるんだね。

 

ガンツ デイナ自身も興奮してましたからね。だから、この顔合わせは、発売までシークレットにしておこうと思ってたんですけど、デイナがツーショット写真をソッコーでアップしてしまったという(笑)。

 

小池 ホントに、対談が終わってすぐにツイッターにアップしてたよね(笑)。

 

玉袋 仕事が早いね~。

 

小池 でもデイナ、すっごい楽しそうだったー。

 

玉袋 あ、そう! デイナにとったら、サクちゃんはレジェンドだもんな。

 

ガンツ 「好きなファイターはたくさんいるけど、サクラバは別格なんだ」って言ってましたからね。

 

椎名 そうなんだ。なんか、うれしいね。

 

ガンツ デイナは『TUF』にも自腹購入したSAKU Tシャツ着て出演してたくらいですからね(笑)。

 

椎名 ああ、着てたね! 胸にでっかく、桜庭のマークが入ってるやつ。

 

ガンツ でも、あのSAKU Tシャツは、桜庭選手に言わせるとニセモノらしいんですよ(笑)。

 

玉袋 おいおい、デイナがパチもんつかまされてんのかよ!(笑)。

 

ガンツ 「あれ、色も違うし、うちで作ったヤツじゃねえ!」ってことで、サクが本物のSAKU Tシャツをプレゼントしたら、デイナが超よろこんで、「くっそ、うれしい!」って言ってましたからね。

 

玉袋 それ瑞香ちゃん、英語でなんて言うんだ!?

 

小池 「ファッキン、オーサム!」って言ってました(笑)。

 

玉袋 よし、その言葉、これから使わせてもらおう(笑)。

 

椎名 使い勝手良さそうですよね(笑)。

 

玉袋 でも、その対談がどう組み合ったのか、興味あるね~。まあ、それはKAMINOGE本誌を読んでのお楽しみなんだろうけどな。

 

ガンツ そうですね。ぜひ、本誌で確認してほしいんですけど、少しだけデイナ語録を紹介すると、「とにかくサクラバとホイス・グレイシーの試合には、どえらい衝撃を与えられた」っていうことと、「本来、ミドル級かウェルター級のサクラバが、デカい相手ばかりと闘わされて壊されてしまったのが残念でならない」ってことを言ってました。

 

椎名 やっぱ、言ってたんだ! まあ、あの時代だから、しょうがないとも言えるけどね。

 

玉袋 でも、その点に関しては、前田(日明)と同じ意見なんだな。

>