• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.10.23

11・1デビュー30周年記念大会で愛弟子・河野とタイトルマッチ!! 武藤敬司デビュー30周年インタビュー前編。「さしあたって、『我ながらがんばったな』って最近感じるよな」

1984年に新日本プロレスでデビューを果たし、今年で30周年を迎えた稀代の天才レスラー・武藤敬司。111日に両国国技館で開催される自身のデビュー30周年記念大会『HOLD OUT』では、お祭り的なカードではなく、WRESTLE-1チャンピオンシップ初代王者となった河野真幸に挑戦することが決定。身体が満身創痍の中、あえて厳しい選択をした武藤の胸に去来するものとは?(1020日収録)。
111日を一区切りとして、先は考えないで臨みますよ」

──武藤さん、デビュー30周年おめでとうございます!

 

武藤 まあ、何がおめでとうかわかんねえけどな。試合も大変になりそうだし。

 

──でも、改めて30年という長い年月、プロレスをやって来たことに関してはどう思われますか?

 

武藤 さしあたって、「我ながらがんばったな」っていうのを最近感じるよな。昨日(1019日)もロックと会ったんだけどさ。

 

──ロック様ことドウェイン・ジョンソンの主演映画『ヘラクレス』のジャパンプレミアにゲスト出演されたんですよね。

 

武藤 そうそう。で、あいつがみんなの前で言ったんだからね、「俺のピープルズエルボーはムタのエルボーのパクリだ」って。だから、その場で「ロイヤリティ請求します」って言ってやったけどさ(笑)。

 

──ロックもいまやハリウッドのスーパースターですから、がっつり取ったほうがいいですよ(笑)。でも、ロックと会ったのはWWE(当時WWF)が横浜アリーナに来た2002年以来ですか?

 

武藤 まあまあ、会ったというか、俺がその試合のテレビ解説で同じ空間にいたというか。ただ、なんか解説席のほうに来て、ちょこちょことちょっかい出してくれたけどね。で、その試合のあと、リック・フレアーと電話で話をしていたんだけど、あいつらハードロックカフェで飲んでたらしくてさ。そのときにロックと代わって話したよ。まあ、ロックとの接点はそれだけだよな。

 

──でも、フレアーからロックへの電話のリレーは随分豪華ですね。

 

武藤 で、俺、ロッキー・ジョンソンと試合したことがあんだよ。

 

──ロックのお父さんですね。

 

武藤 そうそう、お父さん。プエルトリコでね。2728年前だったと思うんだけど、昨日それを言ったら感激してたよ。

 

──へえ! だって、ロックだってもういい歳ですし、そう考えると本当に30年っていうのは長いですよね。

 

武藤 だから、さっき言った、「我ながらがんばった」っていうのは、がんばってる俺を見て、ロックが感銘を受けて俺の技をパクったんだから。俺がいなかったら、いまのロックは生まれてなかったかもしれねえよな。

 

──ピープルズエルボーは代名詞なわけですからね。

 

武藤 うんうん。で、昨日のイベントも台湾から入ったわけであって。

 

──台湾にも行かれていたんですか? お忙しいですね。

 

武藤 台湾には伍佰(ウー・パイ)っていう、台湾のキング・オブ・ライブと呼ばれるミュージシャンがいてさ、台湾の矢沢永吉だって言われるぐらいの存在なんだけど、そいつが台湾の高尾っていうところでライブやってて、そこに俺が出てさ。

 

──ゲストで呼ばれたわけですね。

 

武藤 ゲストでトークしたんだけど、伍佰っていうカリスマが、「おまえは俺の神様だ」って言ったんだよ。台湾の一般人の前でさ。伍佰も俺のプロレスを観て、ファンになってくれた人だからね。で、『閃光魔術』っていう歌や『王道』っていう歌も作ってもらったこともあるんだけど、こうやっていろんな人に影響与えてるんだなって思うと、うれしくなるじゃない? レスラー冥利に尽きるっていうことだよ。まあ、いまのは目立つ人を例にあげて言ったんだけど、もしかしたら、意外と俺の試合で心を動かされた人も少しはいるんじゃないかなって。

WRESTLE-1『武藤敬司デビュー30周年記念大会「HOLD OUT」』
■2014年11月1日(土) 東京・両国国技館 試合開始/18:00

[WRESTLE-1チャンピオンシップ/60分1本勝負]
〔初代王者〕
河野真幸〈DESPERADO〉
vs
武藤敬司
〔挑戦者〕
※河野は初防衛戦

[スペシャルシングルマッチ]
船木誠勝
vs
アルベルト

[WRESTLE-1 vs DESPERADO vs TNA/3WAYマッチ]
真田聖也
vs
TAJIRI
vs
マット・ハーディー

[WRESTLE-1 vs TNA/6人タッグマッチ]
カズ・ハヤシ&近藤修司&田中稔
vs
ロビー・イー〈TNA/ブローマンズ〉&ジェシー・ガッデス〈TNA/ブローマンズ〉&DJジーマ〈TNA/ブローマンズ〉

[シングルマッチ]
KAI
vs
田中将斗〈ZERO1〉

[WRESTLE-1 vs DESPERADO/タッグマッチ]
AKIRA&征矢学
vs
崔領二〈DESPERADO〉&KAZMA SAKAMOTO〈DESPERADO〉

[シングルマッチ]
大和ヒロシ
vs
LEONA〈ドラディション〉

[6人タッグマッチ]
浜亮太&アンディ・ウー&エル・イホ・パンテーラ
vs
髙山善廣〈髙山堂〉&NOSAWA論外〈東京愚連隊〉&MAZADA〈東京愚連隊〉

[WRESTLE-1 vs Novus/8人タッグマッチ]
中之上靖文&稲葉大樹&吉岡世起&村瀬広樹
vs
児玉裕輔〈Novus〉&土肥孝司〈Novus〉&黒潮“イケメン”二郎〈Novus〉&藤原ライオン〈Novus〉

──いやいや、たくさんいますって!

 

武藤 その中で、やっぱり俺のいつの時代を観たかわからないけど、今度やる河野(真幸)とか、真田(聖也)とか、KAIとか大和(ヒロシ)とか、みんな俺に憧れてプロレス界に入ってきて、育ってきたわけだから、うれしい限りだな。こいつらもきっと俺のプロレスを観て、プロレスラーになりたいと思って門を叩いてきたわけだから。

 

──そりゃ、武藤さんに影響を受けた人はレスラー、ファン問わずたくさんいますから。

 

武藤 うん、だから、「我ながらがんばってるな」っていうところだね。

 

──でも、20周年、25周年のときには、「通過点」という言い方をおっしゃっていましたけど、この30周年というのもやっぱり通過点なんですかね?

 

武藤 いや、もう身体がボロボロだからな。111日の先は考えないことにしてるよ。例えば勝ったあとのことを考えたら、もうこなしきれねえもんな。こなしきれねえっていうか、河野との試合が億劫になっちまうよ。

 

──チャンピオンになって、防衛戦だなんだって考えちゃうと。

 

武藤 うん。だから、111日を一区切りとして、先は考えないで臨みますよ。

 

──要するにそこで終わってもいいぐらいの覚悟なんですか?

 

武藤 うん。だけど、大変だよ。やっぱりね、どっかプレッシャーを感じてるんだよ、きっと。練習中にもいいほうのヒザも痛くしちゃったし。だけど、ま~だどっか搾りカスが出てくるんじゃねえかっていう期待を持って臨みますよ。

 

──体調的にはやっぱり厳しい状況がずっと続いているんですか?

 

武藤 そうだね。

 

──本当だったら、去年ヒザを手術する予定だったんですもんね。
 

武藤 そうそうそうそう! ただ、その手術をやったら、復帰はほぼないからね。人工関節だから、お医者さんはもうダメだって言ってんだから。だって、身体障害者の4級になっちゃうからね。義足と一緒だから。

 

──そんなレベルの手術だったんですね!

 

武藤 本当はそこまで決意してたんだけど、結局タイトルマッチまでいっちゃったよ(笑)。

 

──やっぱり、武藤敬司はリングから離れられない宿命なんですよ(笑)。ただ、そういう状況の中でこの1年間、WRESTLE-1を旗揚げしてやってきたわけですけど、いかがでした?

 

武藤 やっぱり最初は、「WRESTLE-1は何をやるべきか?」っていう中で、おそらく従来のカタチでは絶対先細りするんじゃないかということで、いろいろ試行錯誤して、新しいものをやったけど、結論的にはきっと失敗だったんだよ。という中で、結果的に従来のカタチに戻りつつあるよな。従来というか、何をもって従来というのかわからないんだけど。

 

──まあ、スタンダードというか。

 

武藤 うん、スタンダード。やっぱり、プロレス界って自然に流れてきているもんだからさ、いきなり何か飛び抜けたことをやってもお客様も付いてこれないし、その代わり新しいお客様が来ればいいけど、簡単には来ないわけであって。まあそうやって試行錯誤した1年だったよね。ただ、やらないで悩むよりはやって悩んだほうがきっと良かったし。かと言って、俺の気質からいって、そうこじんまりするのも性に合わない。だから、いろんな動きもするし、挑戦もするしさ。ただ、これからそれをどう発展させるかっていうことを考えると、いまの若いヤツらはメディアとの接し方というか、世論への届け方が圧倒的に弱いよな。そこは永遠のテーマになるよな。ただ、いついかなる状況で世論がくっついてくるかわかんないからね。そのときの備えっていうのはしといたほうが絶対にいいわけであって。

 

──世間が何に食いついてくるかわかんないですもんね。

 

武藤 そうそうそうそう! で、やっぱりいまの時代だと、俺の武藤プロレスだったら、通用しないのかなって思ったりもするんだよ。

>