• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.10.10

仮面貴族の表紙が目印! 『KAMINOGE』vo.35は10月下旬発売!

10月下旬発売! 『KAMINOGE』vol.35のコンテンツはこれだ!
 
この冬のアウターはちょっとだけ艶やかに。
さりげに魅せる大人の男の着こなしテク!



KAMINOGE』(かみのげ)vol. 35
発売日:2014年10月下旬
定価:954円(税抜き) 
発行:東邦出版 
 
■鈴木みのる×ファンキー加藤
ファンキーモンキーベイビーズからソロになったアーティスト。
パンクラスを離れてひとりで闘うプロレスラー。
キャリアを重ね、“所属団体”から独立し、
それでもまだまだ変化を求め続ける男たち!
 
「俺は対戦相手に勝つのはもちろん、
その日のほかの試合に出てる連中とも
勝負だと思っているからね」(鈴木)
 
「プロレスラーは常に夏フェスみたいなもんですよね。
フェスには『ほかのアーティストを食ってやろう』という
ピリピリした空気があるし、1回のミスが致命傷になるから」(ファンキー加藤)
 
 
■キラー・カーン×前田日明
ますます切れ味を増す“言葉のアルバトロス殺法”に格闘王も苦笑い!?
昭和・新日本が世界に誇るビッグスケール&ビッグガイが電撃合体!!
 
「なんで長州はカネにふられて新日本に戻ってんだって。
俺、それに頭にきて引退したんだよ」(カーン)
 
「その帰ってきた長州さんを蹴飛ばして、
新日本をクビになったのが俺ですよ(笑)」(前田)
 
 
[新闘魂三銃士・最新ストーリー]
■柴田勝頼

棚橋×柴田の“サプライズ握手”、その真意を当事者に聞く。
そして10年前の棚橋・中邑とはどういう関係性だったのか?
 
「棚橋を笑わせたり泣かせたりするのは簡単だけど、
中邑とは昔から会話もコミュニケーションもほぼなかったから
アイツの情報はゼロなんですよ」
 
 
■中邑真輔
棚橋×柴田の“サプライズ握手”をどう見たのか?
新闘魂三銃士きっての“薄汚れた心”で邪推する。
 
「勝ったうえに手を差し伸べる、
相手を懐柔して自分のもとに引き込む、
どう考えても棚橋弘至の“超完封”じゃないかっていう。
逆に柴田勝頼がピュアだからそれが可能だった」
 
 
■上井文彦(元新日本プロレス・マッチメイカー)
棚橋×柴田の“サプライズ握手”に
新闘魂三銃士の生みの親は何を想ったのか?
 
「新闘魂三銃士を作ったのもネーミングしたのも俺ですよ。
それは間違いない。でも彼らからは猛反発があり、
『新闘魂三銃士って何?』って面と向かって言われたよ」
 
 
■嶋田隆司
祝・漫画家ゆでたまごデビュー35周年!
ゆでたまご先生の“よそゆきじゃない試合”が観られるのは
『KAMINOGE』だけ!!
 
「ボクに言わせたら猪木よりも馬場のほうが全然ロックですよ。
馬場がなんで赤いパンツを履いてたかわかる? 
あれはジェームス・ディーンの影響ですよ」
 
 
■エンセン井上×金原弘光
大和魂で闘った20年の日々に終止符!!
盟友と語らう人生の“幸せ”とは?
 
「いま自分の幸せは、福島に行って、
大変になってる人たちの笑顔を作ること。
俺は自分の幸せを買っているんですよ」(エンセン)
 
「いい人生だね。俺、いつもエンセンが
うらやましいって思うもん」(金原)
 
 
■9・20『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014』変態的観戦座談会
3回目のUFC JAPAN(日本上陸)も成功!
さいたまスーパーアリーナ、またしても大爆発!!
変態メンバーがWOWOWのメインMCと解説を務めた異常現象!
 
 
■マッスル坂井×hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)
KAMINOGE現象~ハイウェイに乗る前に~
ウワサの煽りパワーポインターとU系アイドル
この“ブレイク鉄板”の両者が緊急邂逅!
 
「毎日やらなきゃいけないこととかってありますか?」
 
「いえいえ、普段はとにかく手を合わせて
しっかりとお祈りをしてください」
 
 
■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』
 

■世界最強のオタク、新連載!
★岡倫之の『オカロード番外編』
 
■長州力、緊急声明。

 
[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

 
[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第7話

 
>