• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.06.30

大森の五冠王は一日天下、諏訪魔が三冠返り咲き!!

6月29日(日)、全日本プロレスは北海道・札幌テイセンホールにて、『2014 ダイナマイト・シリーズ』を開催。前日の6・28札幌テイセンホール大会で秋山準とのタッグで諏訪魔&ジョー・ドーリングのEvolutionを破り、世界タッグ王者となり、五冠王になっていた大森隆男は、この日、メインイベントで諏訪魔と三冠王座を懸けて激突。しかし、諏訪魔に破れ、五冠王は一日天下に終わった。

全日本プロレス『2014 ダイナマイト・シリーズ』
■2014年6月29日 北海道・札幌テイセンホール 観衆:629人(満員)

[第1試合/シングルマッチ/30分1本勝負]
○ めんそ~れ親父 (9分27秒、エビ固め) 井上雅央 ×

[第2試合/シングルマッチ/30分1本勝負]
○ 山本喧一(8分2秒、羽根折り固め) SUSHI ×

[第3試合/タッグマッチ/30分1本勝負]
○ 鈴木鼓太郎&宮原健斗(11分55秒、ジャーマンスープレックスホールド) 吉江豊&斗猛矢 ×
    
[第4試合/シングルマッチ/30分1本勝負]
○ ジョー・ドーリング (7分25秒、ラリアット→エビ固め) バンビ・キラー ×

[第5試合/6人タッグマッチ/30分1本勝負]
○ ゼウス&秋山準&The Bodyguard (15分17秒、ジャックハマー→片エビ固め) KENSO&長井満也&南野 タケシ ×
    
[第6試合/Jr.スクランブルプレミアムタッグマッチ/45分1本勝負]
○ 佐藤光留&金丸義信 (16分23秒、足取り腕ひしぎ逆十字固め) ウルティモ・ドラゴン&青木篤志 ×

[第7試合/三冠ヘビー級選手権試合/60分1本勝負]
○ 〈挑戦者〉 諏訪魔 (33分9秒、ラストライド→体固め) 大森隆男 〈第48代王者〉×
※大森選手が初防衛に失敗。諏訪魔が第49代王者となる
>