• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.06.30

裕二郎がNEVER王座奪取でBULLET CLUBがジュニア以外のベルトを独占状態に!!

6月29日(日)、都内・後楽園ホールで新日本プロレスの『KIZUNA ROAD 2014』が開催され、メインイベントでは高橋裕二郎が石井智宏を破り、NEVER無差別級王座を奪取。これにより、BULLET CLUBは、AJスタイルズのIWGPヘビー級、バッドラック・ファレのIWGPインターコンチネンタル王座、“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン&ドク・ギャローズのIWGPタッグと合わせて、IWGPジュニア&IWGPジュニアタッグ王座以外のベルトをすべて手に入れた。

新日本プロレス『KIZUNA ROAD 2014』
■2014年6月29日(日) 東京・後楽園ホール 観衆:2015人(超満員札止め)
[第1試合/タッグマッチ/20分1本勝負]
○マスカラ・ドラダ&タイガーマスク&獣神サンダー・ライガー (6分29秒、トルニージョ→片エビ固め) BUSHI&フエゴ&小松洋平×

[第2試合/6人タッグマッチ/20分1本勝負]
○小島聡&天山広吉&田口隆祐 (9分5秒、ラリアット→体固め) 永田裕志&中西学&キャプテン・ニュージャパン ×

[第3試合/タッグマッチ/20分1本勝負]
○矢野通&YOSHI-HASHI (10分4秒、アイアンフィンガーフロムヘル→反則) 鈴木みのる飯塚高史 ×

[第4試合/タッグマッチ/20分1本勝負]
○ 後藤洋央紀&柴田勝頼 (10分29秒、昇天・改→片エビ固め) 真壁刀義&本間朋晃 ×

[第5試合/6人タッグマッチ/30分1本勝負]
○ エル・デスペラード&内藤哲也&飯伏幸太 (10分56秒、体固め) 棚橋弘至&KUSHIDA&アレックス・シェリー ×

[第6試合/8人タッグマッチ/30分1本勝負]
○ “ザ・マシンガン”カール・アンダーソン&バッドラック・ファレ&ドク・ギャローズ&タマ・トンガ (14分33秒、マジックキラー→片エビ固め) 中邑真輔&オカダ・カズチカ&アレックス・コズロフ&ロッキー・ロメロ ×

[第7試合/NEVER無差別級選手権試合/60分1本勝負]
○ 〈挑戦者〉 高橋裕二郎 (21分41秒、マイアミ・シャイン→体固め) 石井智宏 〈第3代王者〉×
※高橋裕二郎が第4代王者に

>