• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.10.02

Sing,Dance,DESTROY!!! ヒゲ女装外国人、レディビアードとは何者か?【後編】

来日からユニオンプロレス入団の経緯などを聞いたインタビュー前半はこちら
プロレスもカワイイも好き! だから、カワイイプロレスが一番凄い!


――レディビアードさんは、CMにも出られたりしてますし、世間への届き方が凄いですよね。日本に本格的に進出したのは昨年秋なのに。

レディビアード 今年の1月に東京でライブをやったときは、お客さんはまだワタシのことをあまり知らなかったネ。けど、2月のライブではレディビアードファンでいっぱいだった! ツイッターで写真がたくさんリツイートされ始めたのが1月の終わりぐらいだったから、2月が一番のブレイクを感じた瞬間かもしれマセン。

――人気に火が着いたのは、ツイッターからというのが大きいですか?

レディビアード そうデス、徐々に徐々にネ。タカスサンもリツイートしてくれた。

――高須クリニックの高須克弥先生。レディビアードさんは高須クリニックのCMに出たりしてますし、ツイッターなどを見ても仲がいいですね。
レディビアード初のイメージDVD!
『永遠の髭少女』
(動画サンプルはコチラ!)
 
収録分数:60分
価格:4100円(税込み)
企画・制作:株式会社TEC
 
Amazon
ヴィレッジヴァンガードの一部店舗、

書泉グランデ、
DDTオンラインショップ
ユニオンプロレス各会場、
レディビアードライブ会場、
レディビアードオンラインショップ
などで発売中!
本人に聞いた見どころは
「DDTさんに借りた釘バットでやったスイカ割り!」
とのこと。
マネージャー 高須さんと西原(理恵子)さんが彼の写真をリツイートしてたんですけど、それを見た私が、平たく言うと「何か仕事をください」ってDMを送ったんです。

――「仕事をくれ」(笑)。ストレートですね。

マネージャー もちろんもっと言い方は丁寧ですけど、ざっくり言うとそういうことです(笑)。そしたら電話がすぐにかかってきて、「自分がスポンサーをやってる番組があるから、そのCMをあげるよ。とりあえず今度ご飯でも食べようか」って言われて。30分ぐらいで話が決まりましたね。

レディビアード 凄いネ~。

――マネージャーさんも凄いし高須さんも凄い(笑)。

レディビアード タカスサンと一緒にゴハン食べたとき、世界で一番美味しいものを食べましたネ。オーマイガー!(笑)。

――いろんな国に行ってるレディビアードさんが「世界で一番美味しい」ってどんなものなんですか(笑)。

レディビアード 銀座のレストランでゴハン食べマシタ。パンもステーキも素晴らしかった。ありがとう、タカスサン!

――高須先生、やっぱ美味しいもの食べてるんですね(笑)。

マネージャー いや、高須さんは食べてなかったですね。ずっと手術動画を見せてくれました。顔の皮膚を剥がしたりする動画を見ながら、我々はステーキを食べるっていう(笑)。

レディビアード タカスサン、凄いおもしろいネ(笑)。

――めちゃくちゃだ(笑)。ツイッターで拝見したんですけど、高須さんとは先日、相撲を観に行ってましたよね。

レディビアード スモウ、すっごい素晴らしかったネ。大きいのに柔道みたいな投げ技もできる。バランス、体重のコントロールが凄いと思う。ライブで近い場所で観れたし、ホントに素晴らしかったネ。

――相撲は競技としての側面もあるし、儀式としての側面もあるんで、外国人からしたら興味深いでしょうね。

レディビアード トラディショナル・セレモニー、おもしろいですネ。

――たぶん女装とか絶対しちゃいけない場所ですよ(笑)。

レディビアード アハハハハ! オーストラリアにはないものですネ。

――そんなこんなでレディビアードさんは主にツイッターから人気に火がつき、ツイッターのフォロワーも5万人を超えてるんですよね。日本人レスラーでフォロワー5万人越えって、棚橋弘至選手、中邑真輔選手、オカダ・カズチカ選手、永田裕志選手ぐらいなんですよ。

レディビアード とても嬉しいデス! タナハシサンとはDDTの『両国ピーターパン』で会いマシタ。

――ああ、そういえばそうですね。棚橋さんのことはご存知でした?

レディビアード 前から知ってマシタ。新日本のレスラー、凄く強いネ!

――昔からプロレスは見てたんですか?

レディビアード 小さい頃から好きだったネ。(出身地の)オーストラリアのテレビではWWF、WCWが放送されてましたけど、ちょっとだけデシタ。10歳ぐらいのときにほとんど放送されなくなったから、一時期観てなかったデス。それからもう1回、15歳ぐらいから、友達の家のケーブルテレビで観られるようになりマシタ。ワタシはテコンドーのトレーニングを15歳から始めたんですけど、その頃は、X-PACが大好きだったネ。

――おお、ショーン・ウォルトマンですね。

レディビアード X-PAC、いっぱいジャンプする、いっぱいキックする! 大好きだったネ。

――テコンドーを習い始めたのは、プロレスが好きで、X-PACの飛んだり蹴ったりするスタイルが好きだったからというのが大きい?

レディビアード ハイ。あとはTNAのXディビジョンも凄くカッコいいと思いマシタ。ハイフライヤーズがいっぱい、いっぱい! 六角形のリングで、吊るされたベルトを取りあうのがとてもカッコ良かったデス。AJスタイルズ、サモア・ジョー、クリストファー・ダニエルズ、彼らはずっとフライング、フライング、フライング、フライング! 凄かったデス。大好き!

――プロレスと同時に、可愛い物も昔から好きだったんですか?

レディビアード ハイ! プロレスもカワイイも好き! だから、カワイイプロレスが一番凄い! ワタシの一番好きなコトが両方一緒にあるからネ。

――なるほど(笑)。でも、「プロレスも可愛い物も両方好き」っていう人ってあんまりいないですよね。
レディビアード あんまりいない! それに、ワタシみたいに運動好きで女装してる人もあんまりいないデス(笑)。
>