• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.08.18

【DDT】KO-D無差別級挑戦者決定トーナメント1回戦&KO-Dタッグ戦! 6・24春日部大会一部対戦カード

6月24日に行なわれるDDT埼玉・春日部ふれあいキューブ大会の一部カードが決定した。

9・13大阪ではKO-D無差別級選手権試合が行なわれる予定だが、春日部ではHARASHIMAへの挑戦権を懸けた挑戦者決定トーナメント1回戦が行われる。本日の記者会見では、その組み合わせ抽選会が行なわれ、石井慧介 vs 彰人、遠藤哲哉 vs 竹下幸之介となった。各選手のコメントは以下。

石井「1回戦の相手が彰人選手に決まったんですけど、彰人選手とはシングルの対戦成績が5勝0敗。ちなみに数字を言えば10分9秒、15分55秒、10分26秒、8分38秒、11分18秒で勝っています。竹下とは対戦したことがないけど、遠藤とは6分27秒、5分15秒、4分8秒、6分28秒、9分1秒。合計で10勝挙げているんですよ。さらに先日までアジアタッグを巻いていましたし、昨日(の両国大会)もKO-D6人タッグのベルトを巻いて、このトーナメントをやる必要があるのかわかりません。自分が挑戦すればいいと思うし、なぜこのトーナメントを組んだのか聞きたいです。GMを納得させる形で優勝して、王者・HARASHIMAを倒します」

彰人「このトーナメントに関して、なんでボクなのかなと。最近一番勝ててないし、同じぐらいのキャリアの高尾さんのほうが調子がいいし、高尾さんのほうがふさわしいんじゃないかなと思っていたんですけど、今の石井さんの発言を聞いてイラッとしました。5勝0敗とか言ってますけど、最後に闘ったのは1年以上前の話ですし、その間にもボクはKO-Dにも挑戦してHARASHIMAさん、ウラノさんとユニットを結成して、2人から教えてもらっていて、1年以上前から成長していると思うんです。1年前と絶対結果は違うでしょうね。昨日、HARASHIMAさんのセコンドについて試合を見ていて、同じユニットだけどHARASHIMAさんとKO-Dのタイトルマッチがしたい。HARASHIMAさんとはシングルで闘ったこともないし、闘ったらゾクゾクするんだろうなと思います。向こうの誰が上がってきても優勝して大阪でHARASHIMAさんとシングルをしたいと思います」

竹下「昨日の両国では、負けてしまいました。でも棚橋選手からたくさん得るものがあって、すべてを吸収できたと思います。実際に闘ってみて、逸材はすごく遠いと感じました。しかし、かならず手は届くと実感したんで、期待してください。この4人で自分が一番両国で大きな経験を積みました。だから負ける要素はないと思ってます。1回戦の相手が遠藤さんに決まりましたけど、遠藤さんにはすべてを出し切ってもらって、僕がそれをすべて受け止めた上で勝って、決勝は石井選手も彰人選手もまだシングルマッチをしたことがないので、非常に楽しみです。そして優勝して地元・大阪でHARASHIMAさんに挑戦したいと思います」

遠藤「昨日、両国で竹下のセコンドについて初めて悔しいと思ったんですよ。それまでは『凄い後輩だな』としか思わなかったんですけど、昨日は『なんで自分がそこに立てなかったんだろう、自分が立ってもよかったんじゃないかな』と思ったんです。それは自分の中の気持ちの変わり方で、自分に自信を持てているということ。この夏、ビアガーデン、ケニーさんとシングルをやって、そして昨日初めて両国に立って、竹下に勝つことだけがやり残した状態なんで、竹下に勝って新しい自分を見せたいと思います」

また、本日の記者会見では、昨日の両国大会でKO-D6人タッグ王座を奪取したチームドリフの入江茂弘&高尾蒼馬が試合後のコメントでKO-Dタッグ王座への挑戦を表明したことを受け、8・24春日部でのKO-Dタッグ選手権試合、[王者組]飯伏&ケニーvs入江&高尾[挑戦者組]を正式にアナウンスした。
会見に出席した両チームのコメントは以下の通り。

高尾「昨日は6人タッグのベルトを獲ったんですけど、これでウチらの仲のよさは証明できたんじゃないかなと思います。この勢いに乗って石井くんがKO-Dシングルのトーナメントに優勝して、ドリフにベルトを持ってきてくれると思うんですけど、ウチらもKO-Dタッグのベルトを獲って、ドリフにベルトを持ってきたいと思います。入江くんとは3年ぐらい前にTKG48でも組んでいたし、その前の入江くんの、モヒカンではない坊主時代から組んでいてチーム歴も長いんで。仲の良さをアピールしてこのベルトを獲りたいと思います」

入江「両国で、3人でベルトを獲れたことを嬉しく思います。そして今日12時間寝たんですけど、朝起きたらボクの大好きな大槻ケンヂさんから「6人タッグ王座おめでとう。メイク、しっかりヒビ割れていたね」っていうメールをもらったんですよ。ボクは凄く幸せでして、生きてて良かったなと思っています。タッグのベルトに関しては高尾くんとボクは結果を残していないので、この最強のゴールデン☆ラヴァーズからベルトを獲って、目に見える結果を残して、チームドリフがDDTの中心に立ちたいと思っています」

飯伏「全日本プロレスのベルト(アジアタッグ)を持っていたし、勢いもあるから不安というかビビっている部分もあるけど、でもケニーがいるから大丈夫です」

ケニー「(高尾&入江は)ひとりひとりはいい選手ですけど、チームとしてはどうか。ゴールデン☆ラヴァーズはSランクチームですよ。勝てる可能性がありますか? チームドリフ3人が一緒に組むときは一番強いチームだけど、タッグは違う気がする。もちろん全然心配していないわけではないけど、自信はありますね」


その他、インフォマーシャルマッチなども行なわれる春日部大会の詳細は以下の通り。

■さいたまスーパーアリーナへの道6
○KO-Dタッグ選手権試合
<王者組>飯伏幸太&ケニー・オメガ vs 入江茂弘&高尾蒼馬<挑戦者組>
○KO-D無差別級王座挑戦者決定トーナメント1回戦
石井慧介 vs 彰人
○KO-D無差別級王座挑戦者決定トーナメント1回戦
遠藤哲哉 vs 竹下幸之介
○インフォマーシャルマッチ
高木三四郎&平田一喜&赤井沙希 vs 男色ディーノ&大石真翔&伊藤麻希(LinQ)
<インフォマーシャル商品>伊藤麻希(LinQ)のアイドル性
○HARASHIMA&ヤス・ウラノ vs 大鷲透&DJニラ
○アントーニオ本多 vs 佐々木大輔 vs MIKAMI
○KUDO&坂口征夫&マサ高梨 vs 中澤マイケル&松永智充&伊橋剛太

【日時】2014年8月24日(日) 開場:16:30 開始:17:00
【開場】埼玉 春日部ふれあいキューブ
【席種】スーパーシート 6,000円(当日6,500円) 指定席 5,000円(当日5,500円)
自由・立見 4,000円(当日4,500円)U-18チケット1,000円(当日のみ・要身分証)
※チケットぴあ(Pコード594-100)、ローソン、e+にて発売中
>