• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.08.12

【WRESTLE-1】「8・16山形の征矢選手とのシングル、8・26旭川での真田選手とのシングルが楽しみ」 中之上、Novus眼中になし!

 
記事&写真提供:WRESTLE-1
8月12日(火)、都内にある事務所でWRESTLE-1の中之上靖文が会見を実施した。
7月22日より日本を離れ、カナダAGPW(アランティック・グランプリ・レスリング)に参戦を果たしていた中之上。「14日間で28試合してきました」と語り充実した表情を見せた。
そして、16日より開幕する『WRESTLE-1 TOUR 2014 FLASHING SUMMER』に向けては、「8.16山形の征矢選手とのシングル、8.26旭川での真田選手とのシングルが楽しみ」とNovusを完全に無視。新設されるWRESTLE-1チャンピオンシップ初代王者決定トーナメントに向けても、「実力で、お客さんも全員納得させるカタチで勝ち上がっていきたい」と意気込みを語った。
海外遠征を経て、一段とたくましさを増した中之上が一気に頂点を極めるか!?
以下、会見での質疑応答。

中之上 7月の後楽園が終わってから2週間、カナダに遠征に行かせていただきました。14日間で、28試合、1日2試合をこなしてきました。リングも選手自ら組み立てて、撤去も全部やって、日本の環境より厳しいところでやってきましたが、凄い充実した2週間でした。次期シリーズのカードを先ほど見まして、新しくWNCから入って来た人たちとすることが多いのですが、自分としては8・16山形の征矢選手とのシングル、8・26旭川での、いま海外で活躍されている真田選手とのシングルが楽しみですね。トーナメントに関しては児玉選手と、もう一回、後楽園同じ場所でやるんですが、前回負けてしまってるので、同じ失敗は繰り返さない。初代王者ということでそこに名前があるということはカッコいいことなので、WRESTLE-1が始まって約1年で新しいベルトができましたが、そこに自分の名前を刻みこめるようにがんばっていきます。

Q.具体的にカナダではどのような選手と対戦しましたか?

中之上 一番対戦したのは、僕が練習生の時に留学生として来ていたフィル・アトラスです。一緒にツアーに参加していたのですが、8割方彼と試合をしていましたね。」

Q.1日2試合というのは興行を2回やるということですか?

中之上 いえ、1興行の中でシングルマッチが1試合、一番最後にシックスメン、興行としてはシングルマッチが4試合ありまして、休憩をはさんで最後にシックスメンが締めというカタチでした。シングルマッチと最後のシックスメンと1日2試合やってきました。

Q.場所は変わるのですか?

中之上 場所は変わります。毎日変わります。

Q.移動の方法はなんですか?

中之上 大きめの車2台で、選手・スタッフ合わせて10人でリングも積んで移動していました。

Q.海外遠征は初めてですか?

中之上 台湾やTNAで1試合などはあるのですが、遠征というのは初めてで、言葉の通じない中でやってくのは大変でしたが、 なんとか身振り手振りでやってきました。

Q.日本とカナダの違いは?

中之上 試合の間ですかね。日本と海外では違うというか、ゆっくり間を持ってやっている感じが自分ではしました。日本では通用しない部分もあったりしたので、良い部分は日本でも出していきたいと思っています。


Q.新設されるベルトのトーナメントに関しては?

中之上 ボクだけではなくてみんなが初代王者を狙っていると思うので、簡単ではないと思いますが、やはり負けたくはないですね。

Q.自分が決勝に上がれると想定して、初代王者を争いたい相手はどの選手ですか?

中之上 KAI選手とやりたいですね。WRESTLE-1になってシングルマッチを何回かやらせてもらっているんですけど、全部負けてはいるんですが、ちょっと手応えというかもっとやれそうな気がするのでKAI選手とやりたいですね。


Q.新しく入ってきたNovusに関しては?

中之上 前回負けてるんで、あまり偉そうなことは言えませんが、叩き潰して自分が大きいことを言おうかなと思っています。


Q.自分の中でトーナメントが得意だなと思うことはありますか? 前回トーナメントで番狂わせをしたので。

中之上 あれはまぐれだったと思うので、このトーナメントは実力で、お客さんも全員納得させるカタチで勝ち上がって行きたいですね。トーナメントどうこうはあまり意識はしていないです。リングに上がればリーグ戦であろうがなんであろうが一緒だと思うので。
 
>