• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.08.12

【WRESTLE-1】「すべてが全く真逆。人生で最後の船木さんとのシングルマッチになるんじゃないかな」 TAJIRI、W-1初代王者決定トーナメント・船木戦に向けてコメント!!

記事&写真提供:WRESTLE-1
8月12日(火)、都内にある事務所でWRESTLE-1のTAJIRIが会見を実施。ニューヨーク遠征とWRESTLE-1チャンピオンシップ初代王者決定トーナメントに向けての意気込みを語った。8月5日からアメリカ・TNAニューヨーク大会に参戦を果たし、3連戦を闘ったTAJIRI。久しぶりに海外で“世界のTAJIRI”を魅せつけたが、「凄い組織だった」とTNA参戦の感想を語った。
そして、8月16日山形大会から始まるツアー『WRESTLE-1 TOUR 2014 FLASHING SUMMER』、新設されるWRESTLE-1チャンピオンシップ初代王者決定トーナメントに向けても意気込みもコメント。TAJIRIは、次期シリーズ、さらにトーナメント1回戦でもあたる船木誠勝に対して、「すべてが全く真逆。人生で最後の船木さんとのシングルマッチになるんじゃないかな」と語ると、「いまのおまえには日本で果たさなければならない使命がある。いま、おまえの近くにあるベルトはなんとしても獲得するのだ」とアメリカで神からのお告げを受けたとことを告白した。
以下、会見での質疑応答。

TAJIRI TNAってボクは行ってみるまで全然どんな団体か本当正直知らなかったのんですけど、オファーをもらったことが過去3回あるんですが、実は全部断っていたんです。なんでかって言うと、あのWWEを辞める時に向こう3年間TNAに上がらないでくれって言われたんですね。それで一応約束を守っていまして、今回こういう機会がありまして初めて行ってみました。行ってみてたまげましたね。凄い組織だったんですよ、これが。こんなことを言っている時点で田舎者なんですけど。凄いに決まっているんですけどね。世界中が応援しているんだから。言ってみれば世界で2番目の団体なのはもう間違いないところで。そしてですね、向こうが凄いとか自分のアメリカでやった今更の感想だとかそんなのはどうでもよくて、それよりもたった2カ月後です。PPV、TNAの。日本でやるって、これえらいことじゃないかって。もうそれを思って帰ってきました。

Q.どういう部分で世界を実感しましたか?

TAJIRI バックステージ、会場の雰囲気がWWEとほとんど変わらないんですよ。使っている会場の規模は違うんですけど、そこにギュッと凝縮されているスタッフのしゃべらずとも伝わってくる、『この人はプロレス的にレベルが高いな』という雰囲気がWWEと変わらないんですよ。

Q.リング上ではどうでしたか?

TAJIRI 元WWEのトップだった人がこんなにいるんだってビックリしたんですよ。トミー・ドリーマー、ダッドリーズ、ハーディボーイズ、ミスターーケネディ……裏方にはアル・スノーなんかもいたりして、皆さんご存知ないかもしれないんですけど、WWEの裏の部分のあるポイントを牛耳っていた凄い人がTNAにいてびっくりしてしまって。リングが六角形なんですよね。一時期違ったんですけれども、最近また戻したらしいです。あれ、日本ではどうなるんでしょうね。非常にやりにくいんですよ。方向感覚が違っちゃうんですよ。振られてもどっちに行っていいか一瞬迷うんですよ。なので振られても走れなかったですね。あんまり器用なほうじゃないんで。

Q.真田選手はTNAではどうですか?

TAJIRI みんなから非常にかわいがられていました。そしてグレート・ムタの真田版、グレート・サナダっていうキャラクターに変身してですね、まだまだ戸惑っていて消化しきれていない部分があったんですけれども、まずそういうものを与えられてる部分で、みんなよりも一歩先に進んでいる部分がありますよね。

Q.今後もTNAからオファーがあれば参戦したいですか?

TAJIRI こういう凄い組織に行くといろんなものを思い出すんですよ。その感覚を日本に戻ってくると忘れちゃうんで、忘れかけた頃にどんどん行ってですね、自分をあるラインにキープしておきたいと思いましたね。

Q.9月のトーナメントの意気込み

TAJIRI TNAで行なわれたテレビ収録の会場が、マジソンスクエア・ガーデンと同じ通りに建っているんですね。バディ・ロジャースからアントニオ・ロッカからプロレスの神々が住まわれているプロレスの聖地ですよね。その日の夜、夢を見たんですよ。夢なのかプロレスの神様のお告げなのか分からないのですが、僕にこう言ったんです。『アメリカで育ったTAJIRIよ、いまのおまえには日本で果たさなければならない使命がある。その使命はマスコミには言うな』と言われました。『その使命を果たすためには、いま、おまえの近くにあるベルトはなんとしても獲得するのだ。そうして発言力を増して、おまえはその使命を果たすのだ』という使命を神様から与えられたんですよ。だからみんなは『ベルトを獲るのは自分だ』言っていますけど、ボクは逆になぜ獲るのかその理由を言いました。だからボクは絶対に獲らなきゃいけないんです。」

Q.1回戦の相手が船木さんですがいかがですか?

TAJIRI ボクは生意気を言っちゃいますけど。周りからこいつ生意気だって言われても全然かまいませんけど、船木さんとTAJIRIで、この試合が優勝決定戦と思っています。

Q.事実上は決勝戦ということですか?

TAJIRI だとボクは思います。他の人は絶対そう思わないでしょうけどね。

Q.武藤さんも先日の会見でまったく同じことをおっしゃっていました。

TAJIRI それはうれしいですね。じゃあなんでこの試合が1回戦になっちゃったんですかね。分けたほうが良かったんじゃないですか? けどね、船木さん以外に、もしかしたらこの選手と当たっても事実上の決勝かなという選手がひとりだけいますね。それが誰かは言えません。

―決勝戦で当たるかもしれない選手、もしくは闘いたい選手はいますか?

TAJIRI 船木さんに勝ってしまえば、片目をつむって闘う感じですね。大口を叩かないことで有名なボクがここまで言うということは、相当自信があるということですよ、皆さん。

Q.船木選手というのはどういうタイプの選手ですか?

TAJIRI 船木選手はTAJIRIとすべてが全く真逆ですね。人間性も真逆だと思うんですよ。おそらくそう簡単にシングルが組まれる2人ではないと思うんですよ。こういうトーナメントでもない限り2人がシングルで闘うシチュエーションって、なかなかこないと思うんですよ。生き様が真逆なんで、交わることがないと思うんですよ。生き様がリンクしないところでいきなり試合をしてもおもしろくないと思うんですよね。だからなかなか交わることがないと思うんですよ。だからこれが人生で最後の船木さんとのシングルマッチになるんじゃないかなと思うんですよね。最初で最後っていう。過去を振り返っても俺とは生き様がリンクしない人とは1回闘っただけで終わったりとかしてるんですよ。他にもKAI選手、征矢選手、大和選手、吉岡選手、後楽園、おもしろそうですね。

Q.秘策はありますか?

TAJIRI 普通にプロレスのルールがなければ、俺は3億パーセント船木さんには勝てないですよ。プロレスのルールを最大限に活用してフル活用して勝つという方法を探すんじゃないかな。船木さんも当然そうしてくると思っているんじゃないかな。次期シリーズも船木さんとよく当たるんだな。札幌の初日の船木&田中vsTAJIRI&AKIRAって凄いマッチメイクですね。
>