• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.07.24

猪木vsアリDVD化記念 語ろう! 猪木vsアリ変態座談会(後編)

浅草キッドの玉袋筋太郎、構成作家・椎名基樹、プロレス格闘技ライター・堀江ガンツの“変態”3人が、酒を飲みながら好き勝手に語りまくる変態座談会。今回は飛び入りゲストとして、UFCの通訳としておなじみ、小池瑞香を迎えて、DVDが爆発的に売れている猪木vsアリ変態座談会の後編をお届けします!

ガンツ さて、焼き肉屋から玉さんのご自宅に移動し、いま『燃えろ! 新日本プロレス』猪木vsアリの記者会見DVDを見終わったわけですけど、いかがでしたか?

 

玉袋 最高だよ! 最高!

 

瑞香 アリ、凄かった~。

 

玉袋 今回は瑞香ちゃんの同時通訳で猪木vsアリの記者会見が観れたわけだからね。贅沢だよ。で、瑞香ちゃんから見て、ケン田島さんの通訳っていうのはどうだったの?

 

瑞香 凄いなって思いました。ただの通訳じゃないですよね。立会人みたい。

玉袋 おお~! そうなんだよな。通訳であり、司会者でもあるっていうね。

 

瑞香 私も見習いたい(笑)。

 

玉袋 とにかく、このDVDには参ったよ! 記者会見だけで、こんなにおもしれえんだから。でよ、いま観たら、いげえとアリのほうがユーモアあったよな。

 

ガンツ アリのパフォーマンス力は異常ですよね。

 

椎名 なんでもやってくれますよね。全力で記者会見盛り上げてて。

 

瑞香 なんで、あそこまでやってくれるんですか?

 

ガンツ 根っからのプロフェッショナルなんでしょうね。それプラス、じつはプロレスが大好きという(笑)。

 

椎名 「ショー」で楽しませるのが大好きなんだろうね。

 

ガンツ 日本のプロレスはマジメじゃないですか。だから、猪木はマジメにやってると思うんですよね。でも、アリが大好きだったのは、この試合でマネージャー役を務めた、フレッド・ブラッシーとかのケレン味たっぷりのプロレスなんですよね。

 

玉袋 こんときのブラッシーも最高だったよな!

 

ガンツ アリは、ゴージャス・ジョージとか、バディ・ロジャースの大ファンだったらしいですもんね。

 

椎名 元祖アメリカのショーマンだよね。

 

ガンツ アリもリック・フレアーも、ルーツをたどれば、みんなゴージャス・ジョージだという(笑)。

 

玉袋 そしてボクサーなのに、フレッド・ブラッシーにパフォーマンスを習ってるってところがいいよ。

 

ガンツ またアリは、ビッグマウスだけじゃなく、そこにさりげなく黒人問題を絡めるのが凄いですよね。猪木がそんなこと言ってないのに「いま、ニガーって言っただろう?」とか言って(笑)。

 

玉袋 そこは真骨頂だよな。

 

瑞香 猪木さんが「右から左へ」って言ったら、それを聞き間違えるんだよね(笑)。知らないで見てたら、アリのほうがプロレスラーだと思う。

 

玉袋 そうなんだよな~! アリのほうがプロレスラーで、思い詰めてるのが猪木なんだよ。

 

椎名 思い詰めますよね。

 

玉袋 思い詰めてるってことは、真剣勝負をやろうと決意しているんだよな。

 

ガンツ 世界最強のボクサーが、あれだけノリノリでプロレスをやろうとしているのに、プロレスラーである猪木のほうは、命懸けで真剣勝負に挑もうとしているんですよね。そのアベコベなところが素晴らしい。

>