• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.08.02

変態座談会 #28

語ろう! UFC&大晦日妄想変態座談会「こうなったら五味vs青木、ヒョードルvsレスナーをやってくれ!」

浅草キッドの玉袋筋太郎、構成作家・椎名基樹、プロレス&格闘技ライター・堀江ガンツの“変態”3人が、酒を飲みながら居酒屋で好き勝手に語りまくる変態座談会。今回は我らが五味隆典復帰戦が行なわれた7.25『UFC in シカゴ』、MMA史上に残る激闘が展開された7.11『UFC 189』、さらに噂の大晦日興行についても語ります!
 

 
ガンツ さて、先日の『UFC in シカゴ』では、我らが五味隆典選手の復帰戦があったわけですけど……。
 
玉袋 う~ん、参ったな。
 
椎名 正直、言葉がないですよね。
 
ガンツ 1ラウンド2分37秒でTKO負けですからね。
 
玉袋 ひとつ言えるのは、総合格闘技は新しい世代に完全に入れ替わったということが、あらためてわかったってことかな。これはプロスポーツだからしょうがねえよ。どんな選手だって、世代交代っていうのは避けられねえんだから。
 
椎名 今回、五味は調子良かったんでしょ?
 
ガンツ すごく仕上がりがうまくいったらしいんですけどね。僕も五味選手がシカゴに行く前、成田空港で取材しましたけど、「調子もいいし、減量もバッチリだ」って、リラックスしたいい表情で言ってましたから。
 
椎名 仕上がりが良くても結果がああだったということは、そういう問題じゃないってことだよね。
 
玉袋 そうなんだろうな。
 
椎名 確かに、オクタゴンに上がった身体つきとか見ても、調子良さそうだなと思ったんだけど。
 
玉袋 相手のジョー・ローザンは、五味のことよく研究してたし、単純に強えよ。
 
椎名 寝技うまかったですね。あれよあれよという間に、バック奪って。バックマウントに入る前に、変形のヒザ十字みたいな技で決まっちゃうと思ったもん。
 
玉袋 あれなあ。なんか御開帳されちゃった感じでよ、ああいう姿の五味は見たくなかったな~。
 
ガンツ 片足タックルにはちゃんと反応してたんですけど、足首つかまれて倒されちゃって。
 
椎名 なんか青木真也クラスの寝技に見えちゃったよ。もがけばもがくほど逃げられないっていうね。
 
玉袋 あれぐらい強えヤツが、ランキングにも入ってねえっつーんだから、困っちゃうよ。
 
椎名 なんか、グレイシーが出てきたばかりの頃の必勝パターンみたいな感じでやられちゃいましたもんね。
 
玉袋 五味ちゃんはどうするんだろ。もう一丁あんのかねえ? リリースされちゃうのかなあ……。
 
ガンツ これで2連敗なんですけど、去年のマイルズ・ジュリーには1ラウンドでKO負けで。今年も1ラウンドで一本負け。正直、いいところを見せる間もなく負けてしまってるんで、内容が良くないですよね。
 
椎名 いま、ああいうワンサイドの試合って、UFCだとなかなかないもんね。実力が拮抗してて。スタンドの打撃が当たって秒殺はあるけど、グラウンドで完全に動けなくされちゃうっていうのはね。
 
玉袋 そうだよなあ。
 
椎名 普段は判定ばっかり続くと「いい加減にしてくれ!」って思うけど、こういうワンサイドを見せられても困っちゃう(苦笑)。
 
ガンツ なんとか、もう一度チャンスを与えてほしいですけどね。
 
玉袋 でも、日本大会は出られねえだろ?
 
ガンツ あれだけバックマウントから殴られてTKO負けですから、可能性は少ないですよね。
 
椎名 ジョー・ローザンは、レフェリーが止める前に、自分で攻撃やめるところがカッコ良かったよね。
 
玉袋 途中で五味が死に体だってわかったんだろうな。吉田秀彦の「落ちた! 落ちた!」とは違うんだよ。
 
ガンツ レフェリーのハーブ・ディーンなんか、ローザンが五味から離れた後、顔を覗き込んで「ホントにKOだわ」って感じで試合止めてましたからね。
 
椎名 五味、意識飛んでたもんね。
 
玉袋 いや~、悔しいな。次、あるとしたら、どこなんだ?
 
ガンツ 年内だと、11月に韓国大会がありますけど。
 
椎名 韓国行きたいな~(笑)。
 
玉袋 マカオ大会のときみてえに、一緒に祝勝会やれたらいいんだけどよ。もしリリースされたら、どうなるんだよ?
 
椎名 修斗に戻るってわけにはいかないでしょ?
 
玉袋 ファイトマネーが全然違うだろうしな。
 
ガンツ 噂の大晦日興行とかからオファーがありそうですけどね。
 
椎名 あ、それがあったか! それだったらいいね。もう五味ってUFCでも10試合ぐらいやってるでしょ?
 
ガンツ ちょうど10試合ですね。
 
玉袋 もう、そんなにやってるか。
 
椎名 だからこれ以上、海外でよく知らない相手とやるより、日本で残された夢のカードみたいなものをどんどんやっていってほしいっていう気持ちもある。
 
玉袋 そうだよな。そうなるとやっぱり、青木(真也)とはやってほしいよな。
 
椎名 やってほしいですね。これが実現したら、けっこう客だって入るじゃん。よけいなお世話かもしれないけど、やったほうがいいよって言いたい(笑)。
 
ガンツ 五味隆典に残された大きな仕事ではありますよね。
 
玉袋 五味の“忘れ物”だよ。
 
ガンツ PRIDEで言えば、髙田延彦だって最後は田村潔司とやったわけですからね。
 
椎名 もちろん負けるリスクだってあるけどさ。負けたってプラスになることあるじゃん。髙田延彦で言えば、武藤敬司ともヒクソン・グレイシーとも、やって良かったと思うもん。『真説・長州力』では、「武藤とやらないほうが良かった」っていう宮戸(優光)さんのコメントが載ってたけど、俺はやって良かったと思うよ。
 
玉袋 関係ねえけど、あの長州本はおもしろかったな~(笑)。
 
椎名 おもしろかったですよね。マット界のいろんなことが、あらためてわかって。
 
玉袋 このままいくと、どんどん五味の話から長州の話になっちゃうかもしれねえけど(笑)。
 
ガンツ 長州本の話は、回をあらためてやりましょう(笑)。
 
玉袋 まあ、そうだな(笑)。だから五味の話に戻すと、五味が今回のジョー・ローザンとか外国人選手とやるのと、青木みてえな選手とやるのとでは、応援するこっちの気合いの入り方も全然違ってくるからね。
 
椎名 全然違いますよね。
 
玉袋 こういう試合は、桜庭vs田村以来だしさ。もう禁断の日本人大物対決って、これぐらいしか残ってねえだろ。
 
ガンツ そうですよね。そういう関係性っていうのが、もう生まれないでしょうからね。
 
玉袋 まあ、五味vs青木だって、旬は逃したかもしれねえけど、これやんなきゃPRIDEは終わんねえもん。
 
椎名 そうですよね。大晦日の興行があるのなら、日本の格闘技界はそれを起爆剤にしてほしいし。
 
玉袋 リリースされる前提で語っちゃってるけどな(笑)。もちろん、五味が次もUFCで試合が組まれるなら、応援するしね。
>