• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.04.02

変態座談会 #21

マット界追放後の波乱の人生を語る! ターザン山本変態座談会【2】「堺屋太一先生は俺のゴーストライター! しかも、印税は125万全額こっちのものだったんですよォォォォォ!」

浅草キッドの玉袋筋太郎、構成作家・椎名基樹、プロレス&格闘技ライター・堀江ガンツの“変態”3人が、酒を飲みながら居酒屋で好き勝手に語りまくる変態座談会。前回に引き続き、ゲストは“極彩色の落武者”ターザン山本! 18年前にマット界を追放された後の波乱の人生を語ります!

 

玉袋 それにしてもよ、山本さんが『週プロ』辞めて、半ば業界追放みたいになってよ、仕事がなくなったら空前の格闘技ブームが来たわけじゃない? 山本さんが育てた谷川(貞治)さんとかがみんな出世しちゃって。

 

ターザン 谷川がK-1に関わりだして、『紙プロ』の柳沢(忠之)さんとか、みんな興行側に行ったでしょ? 俺だけが取り残されてるわけですよォ!

 

玉袋 その間、山本さんは俺たち浅草キッドの舞台上で、全裸にさせられたりしてるわけだからな(笑)。それをよく耐え忍んだよ。

 

ターザン でも『SRS-DX』があったじゃない。あのときに谷川はK-1の仕事が忙しいんで、俺が編集長代行みたいなかたちで、月に50万円くれたんですよ。あいつ、すごいよ!

 

玉袋 それはえらいね。谷川さんもカネ回りいい時代なんだろうけどさ(笑)。

 

ターザン でも、その『SRS-DX』のおカネだけで、年600万じゃない? だから、お金に困ったことないよ。

 

椎名 谷川さんが打ち出の小槌で(笑)。

 

玉袋 そんだけ勢いがあったんだよな。あの頃は、谷川さんたちが格闘技界を動かしてたんだから。

 

ガンツ その勢いで、山本さんが『Dynamite!』の国立競技場のリングにも上がってますからね。エリオ・グレイシーを、なぜかターザン山本が表彰するという(笑)。

 

椎名 わけわかんない(笑)。

 

ガンツ エリオもプレゼンテーターが誰か、まったくわかってなかったでしょうね(笑)。

 

ターザン あのとき、ひどいんだよ! 表彰するのに、記念品用意してないんだもん! 失礼だよ、俺びっくりしたよ! だから俺、ターザンバッチやったよ!

 

ガンツ ガハハハハ! あの大舞台で、記念品がなぜかターザンバッチ!(笑)。

 

玉袋 豪華な舞台にチンケな記念品というね(笑)。でもよ、山本さんが『SRS-DX』やってた同時期に、俺たちとサムライTVでレギュラーやってたんだよな。

 

ガンツ サムライの情報番組『生でゴンゴン』月曜日担当だったんですよね。

 

ターザン あれは一番人気だったんですよ!

 

玉袋 あの月曜日はレベル高かったよ。おもしろかったよ。だけどプロレス界ではめんどくさいことあってね。「山本を切れ」とか言われてさ。

 

ターザン 俺の三沢さんの会見についてしゃべった発言に、仲田の龍ちゃんが局と製作会社にクレーム入れてね。あれは生放送なのが良かったのに、山本さん、これからは録画でやりましょう」って言われて、クソくらえって自分から辞めたもんね。

 

玉袋 その仲田龍さんも死んじゃってるわけだからね。よくターザンが最後まで生き残ってるよなあ。

 

椎名 もはや呪術師ですね(笑)。

 

ターザン 龍ちゃんも三沢さんも亡くなったんだよなあ。三沢さんってシャイな人で、囲みの会見でも親しい記者にだけしゃべるから、「それはダメだよ、みんなに向かって喋らないと」って言っただけなのに、それを龍ちゃんが見た瞬間に局に電話してんだもん。

 

玉袋 その製作会社もなくなっちゃったよ。

 

ターザン 潰れた? なんで俺だけ生き残ってんだよおおお!

 

玉袋 すげえな、山本さん。しぶてえなあ。

 

椎名 やっぱり、猫が代わりに死んでくれてる(笑)。

 

玉袋 どんだけひどい仕打ちを神様から受けても、山本さんは馬鹿になって、それをやり過ごしたから生きてるんだよ。やけっぱちにならずに、ピエロになったのが良かったんだよな。

 

ターザン そうだねえ(しみじみ)。

 

玉袋 でも、もし山本さんがベースボール・マガジン社を辞めてなかったらどうなってたんだろうな? そんなこと考えてもしょうがねえんだけど。

 

ターザン ベースボールマガジン社も、2代目の社長がボクのことをもの凄く買ってくれたいたんですよ。ボクはすごく感謝してる。だって、退職金300万貰ったんだけど、そのあとも半年間、毎月50万くれたんだよ。

 

椎名 へえ、いいですね!

 

ターザン そのあとさらに、「永久に10万円出しますよ」って言われたの。

 

玉袋 すげえ! 永久だよ!

 

ターザン でもそれに縛られるの嫌なので、フリーになりたいってことで、その話を断ったわけですよ。そしたら(別れた)カミさんにとっては、この月10万円も重要だったわけよ。それがなくなったのも彼女が逃げた原因になってるわけ。カネというのは重要だよォォォ!

 

玉袋 いちいち波乱万丈で最高だね(笑)。

 

ターザン でも、彼女は偉いよ! 彼女が逃げたあと、俺は入れ歯を120万で作ったわけですよ。それは猪木さんが行ってた歯医者で特別に作ってもらったんだけど、そのとき「120万かかるから送ってくれ」って連絡したら、120万振り込んできたもん。彼女はやっぱり侍だよねえ。

 

ガンツ それ、手紙か何か書いたんですか?

 

ターザン いや、俺は住所も連絡先も知らないから、人づての伝えてもらったんだよ。そしたら120万振り込んできたよ。

 

玉袋 でも、その120万の入れ歯を、俺たちのやってたCSの『チャンネル北野』でなくしたんだよな(笑)。

 

ターザン 海でロケやったときに、海の中にポロッと120万が落ちたんですよォォォォ!

 

ガンツ ガハハハハハ! それ、どんなシチュエーションだったんですか?(笑)。

 

玉袋 海の中から山本さんがザバーッと出てくるシーンを撮ったんだけど、海水で歯茎が締まっちゃったんだろうな。出てきた瞬間、入れ歯が海に落っこちて(笑)。

 

ターザン 120万がなくなっちゃったよ!

 

玉袋 出てた芸人全員で、入れ歯探してさ。「山本さん、あったあった」つって、貝殻を口に入れて「違う!」って(笑)。

 

ガンツ ガハハハハ! 

 

玉袋 「これじゃないですか?」つって、流木を口にいれたりな(笑)。あれは俺の人生の中でも笑った瞬間のベスト10に入るな。

 

椎名 せっかく、逃げた奥さんが120万振り込んでくれたのに(笑)。

 

ターザン 彼女に関してはもうひとつある! 俺は生命保険に入っていて、250万くらいあったわけ。その保険証を彼女が持っていって、「返してくれ」って言ったら返してくれたんだよ。だから、250万円の保険を解約して、ちょっと減らされて220~230万円の現金を手に入れて、すぐに競馬で賭けてなくなったよ!

 

玉袋 自殺行為だよ(笑)。でも、山本さんてさ、若い頃はカネがなかったわけでしょ? 学生結婚して、カミさんの家に転がり込んでたわけだから。でも、『週プロ』の編集長になってから、給料も上がるし、いろいろカネが入ってくるわけじゃない。どこらへんから麻痺してくるの? 「やれば入ってくるから大丈夫だ」って、競馬で賭ける額が極端に上がっていったりさ。

 

ターザン それは編集長になってからだよ。

 

玉袋 編集長になって、裏金とか貰うようになってからか。

 

ターザン それは、たいしたカネじゃないけどね。

 

玉袋 裏金は否定しないんだ(笑)。

 

ターザン それより、副収入が多かったんですよ。ベースボール・マガジン社からは、年収900万円くらいもらってたんだけど、それと同じぐらいのカネを外で稼いでたから。

 

椎名 そんなにギャラ稼いでたんですか?

 

玉袋 ゴーストライターとか。

 

ターザン ごま書房で本を出すとかさ、いっぱいあるじゃない?

 

ガンツ 「ミスターX」名義で、山本さんがしゃべるだけで、単行本量産してたんですよね(笑)。

 

ターザン あとは、取っ払いの仕事もたくさんあったしね。

 

玉袋 当時は、世の中の編集長と呼ばれる人の中で、一番稼いでたんじゃねえか? 

 

ターザン これも何回も喋ってるけど、ベースボール・マガジン社の常務から呼ばれて「キミはわかってる?」って。「なんのことですか?」って聞いたら、「キミはウチの会社の社員、250人いるなかで、年収がベスト5なんだよ。キミは就業規則違反で、会社の給料以外に膨大なカネを稼いでる。ボクはそれを見逃してるんだよ」って。

 

玉袋 ワハハハハ! いい時代だよな~。

 

ターザン だって日本経済新聞社が出した『プロレス式 最強の経営』ってあるじゃない。

 

ガンツ ターザン山本がなぜか、経営の本を出すという奇書(笑)。でも、あれホントに書いたのは堺屋(太一)さんなですよね?

 

ターザン 堺屋さんが書いたけど、自分の名前が出せないからボクの名前で出したんだよ。

 

ガンツ 名前だけターザン山本に借りて。

 

ターザン ボクに取材して、あの人が全部書いたわけよ。あの人は俺のゴーストライターなんですよ。

 

玉袋 堺屋太一がターザン山本のゴーストライターやってたっていうのがすげえな(笑)。

 

椎名 早すぎた佐村河内だったんですね。なんとなく容姿も似てるし(笑)。

 

ガンツ ド派手な佐村河内(笑)。

 

ターザン 普通ああいう本が発売されると、印税が支払われるのは2ヶ月後とか3ヶ月後じゃない? でもやっぱり堺屋先生は凄い力を持ってるわけよ。発売されて2週間後に振り込まれたからね。しかも、印税は俺と堺屋先生で半々かと思ったら、全部俺だよ! 書いたのは全部あの人なのに、125万円とかが全部こっちに入ったわけ。堺屋先生も男だよねえ。

 

椎名 堺屋太一もなんでそんなことしてんだ(笑)。

 

ターザン いや、日本経済新聞社もね、プロレスの本出すことを嫌がってるわけですよ。でも堺屋さんの本は当時、大河ドラマ『秀吉』をやって、売れまくってたから、どこでも初版10万部なんですよ。出版社としては、なんとしてでも堺屋さんの本を出したいわけ。だから日経も、関係ないプロレス本であろうと、堺屋さんが関わってるなら出しとけってことですよ。

 

ガンツ 恩を売っておけ、と(笑)。

 

ターザン そうそう(笑)。

 

椎名 出版ってギャンブル性があるでしょう、やっぱり。

 

ターザン 堺屋さんがまた、尾崎魔弓に入れ込んじゃってさあ。なぜか、ボクと尾崎魔弓のラジオ番組をスポンサーみつけてやらせてくれたりして、仕事をいっぱいくれたんですよォ!

 

玉袋 悪運が強えんだよなあ(笑)。まあ、そのあたりまでは山本さんの事情は知ってたんだけど、ここ5年ぐらいの山本さんの消息って、俺は全然把握できてなかったんだよね。女関係だったりさ。でも結婚したんだもんね?

 

ターザン うん。結婚したのは、4年前に東日本大震災あったじゃない? あのとき、彼女は石巻に住んでたから連絡がつかなかったんだよ。それで俺は、死んでしまったと思ったんだけど、3~4週間後にやっと連絡がついたんだよね。そのとき、彼女は精神的にダメージ大きかったんで、フォローするために向こう行ったりしてたら、そうなっちゃったんだよ。

 

玉袋 「なっちゃったんだよ」って(笑)。

 

椎名 もう結婚したくなかったんですか?

 

ターザン いや、ボクのほうから「結婚しよう」って言ったよ。

 

椎名 そうなんですね。

 

ターザン 何回も向こうと往復して。だから石巻の状況は詳しいよ。それで彼女が結婚式をハワイでやりたいっていうんで、やったんだよ。95万円のカネは、彼女が全部出したんだけど。

 

玉袋 結婚式まで相手にごっちゃんしてんのかよ(笑)。でも、山本さんの再々婚、全然情報入ってなくて、俺は西武園の競輪場にいる予想屋のギャンブラーから教わったからね(笑)。ターザンの弟子筋から。

 

椎名 予想屋に弟子がいるんですか(笑)。

 

ターザン 木村ハチベエね。彼は要するにさ、元不動産屋なんだけど、離婚の問題があったときに、ボクが面倒見たんですよ。そのあとに競輪の予想屋やって、大宮の競輪場にいるんだよ。

 

玉袋 だからよ、俺も競輪場で予想屋に「玉さん!」って声かけられて。いい予想教えてくれるのかと思ってたら「山本さんが結婚するんですよ!」って。「おまえ、なんでターザンの話を」「いやいや、こういうもんで」って。

 

椎名 アハハハハハ!

 

ガンツ 寅さんみたいな展開ですね(笑)。

 

玉袋 「びっくりですよ、ハワイで結婚式ですよ?」って。

 

ターザン 彼と闘道館の館長もハワイまで来たからね。ハチベエは、2回離婚してるんですよ。その離婚を全部俺が間に入って助けてる。2回めの離婚のときは、俺がハチベエと彼女を六本木の喫茶店に呼んで、裁判をやったわけ。「いいか、これで終わりだよ」って言って納得させたんだから。俺は彼にとって神様ですよ!

 

椎名 なんちゅう裁判官だ(笑)。

 

玉袋 最高だよなあ。じゃあ山本さん、いまは幸せなんですか?

 

ターザン 結婚もね、俺は同居もしないし、籍も入れないよと言ってるから。

 

玉袋 籍は入ってねえんだ。お互い責任を持っちゃうとうまくいかねえから。

 

ターザン だって向こうが、息子が2人いて、しかもすでに働いてるわけじゃない。新しい家庭を作るような年齢じゃないじゃない?

 

玉袋 彼女と肉体関係はあんの?

 

ターザン 俺は不能だからダメですよ。

 

玉袋 糖尿だもんなあ。

 

ターザン 今月もあれよ、家賃6万5千円で、いつも自分で払ってたんだけど、競馬でカネが全部なくなったわけよ。それで彼女に家賃のお金送ってもらったんだから。

 

椎名 マジっスか(笑)。

 

ガンツ それは100パーセント、ヒモですね(笑)。

 

ターザン 俺はカネがあったら競馬で使っちゃうからさ。2月、4月、6月の偶数月は年金が20万出るんだけど、そのカードは彼女に取られたよ!

 

ガンツ 担保として(笑)。

 

玉袋 ダハハハハハ! めちゃくちゃだよ~。

 

ターザン だから、偶数月は競馬で勝負できなくなったよ!

 

玉袋 貯めりゃいいじゃねえか(笑)。でも、そんなハチャメチャな生活してても、なんとかカネがあって生きてるんだから、幸せだよ。

 

ターザン 俺、プロレス界では長州にボロカスに言われ、天龍からも(馬場)元子さんからも嫌われて、3大出禁だもんなあ!

 

玉袋 元子さんはなんでダメになったんだっけ?

>