• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.03.26

変態座談会 #20

マット界追放から早18年! 生きる屍が大炎上!! ターザン山本変態座談会【1】「浅草キッドがブレイクさせられなかったのは、俺だけですよォォォォォォォ!」

浅草キッドの玉袋筋太郎、構成作家・椎名基樹、プロレス&格闘技ライター・堀江ガンツの“変態”3人が、酒を飲みながら居酒屋で好き勝手に語りまくる変態座談会。今回は特別ゲストとして、あのターザン山本が登場! 18年前、ターザンが『週プロ』編集長の座を追われたとき、救いの手を伸ばしたのが浅草キッド。あの狂乱の日々を振り返ります!

 

 

ガンツ 玉さん!  今日はついに、「ターザン山本変態座談会」として行わせていただこうと思います!

 

玉袋 ついに来ちゃったか。これがゲストに来たら、そろそろ変態座談会も終わりじゃねえかと思ったんだけど(笑)。

 

椎名 ついにネタ切れか、と(笑)。

 

玉袋 最後の手段だもん。じゃあ、とりあえず、献杯!

 

ガンツ 献杯! 追悼しちゃいますか(笑)。

 

玉袋 もう何回追悼したんだよ。こっちは生前葬もやったし、生前追悼本まで出してんだから!

 

ターザン そのたびに生き返るんですよォォォォォ!

 

玉袋 ゾンビ野郎だよ。殺しても、殺しても、完全には死なねえんだもん。

 

ターザン だからみんな嫌がってるよね。なんで早く消えねえのかって。消えたと思ったら出てくるから。

 

ガンツ 殺しても殺しても湧いてくるっていう(笑)。

 

玉袋 消えないね~、この男は。さんざんバルサン焚かれて、完全に死滅したかと思ったら、また出てきちゃうんだよ。

 

椎名 まさにゴキブリ並の生命力っていう(笑)。

 

ガンツ というわけで、あらためまして、今回のゲストはターザン山本さんです!

 

ターザン (無言で万歳しながらピースサイン)

 

玉袋 いや、でもよ。山本さんとこの至近距離で、これから1時間なり、2時間なり、しゃべるわけだけど。なんか久しぶりすぎて、照れ臭くなっちゃったよ。

 

椎名 本当は遺影を前にして飲むくらいでいいのに(笑)。

 

ターザン でも、ボクはもう69歳ですからね。終わりですよぉ!

 

玉袋 山本さん、69!? うわー、すげえ。

 

椎名 69歳でこのド派手なファッションがすごいですね(笑)。

 

玉袋 この中野界隈で、ド派手な格好して歩いてる70歳ぐらいのおじさんなんて、ターザン山本と堀辺正史師範ぐれえだよ!

 

ターザン ああ~、堀辺先生ともむちゃくちゃ会ってないよ。あと局長(堀辺夫人)も。

 

玉袋 堀辺先生、体調崩しちゃったとかいう話ですよね。大丈夫なのかな?

 

ターザン そうなの!?

 

ガンツ 2年くらい前に心臓の手術をされたんですけど、ちょっと病院に来るのが遅かったら、助からなかったって話ですよ。いまはもう元気みたいですけど。

 

ターザン そうだったんだ、全然知らなかったよ。

 

玉袋 また知らないね、そういうことも。あんだけ親しかったのに。

 

ターザン 全然情報がないからね。

 

玉袋 こういうターザンがしぶといのは、蛭子能収さんがしぶといのはイコールだから。

 

ガンツ ターザン山本と蛭子能収は人種的に同じ(笑)。

 

椎名 妖怪ですよね(笑)。

 

玉袋 同じ蛭子族だもん。

 

ターザン 蛭子さんは競艇好きで、俺競馬好きだから!

 

玉袋 そうなんだよ。ギャンブルのことばっかり考えてて、まったく他人のことは関係ないっていうね。でも、こんな破滅型のターザン山本が、69歳まで元気に生きるとは思わなかったね。

 

ターザン 信じられないですよ。ベースボールマガジン社を51のときに辞めて、あれから18年も経ってますよ。

 

ガンツ 51歳で死んだはずが、18年生きながらえましたか(笑)。

 

ターザン 18年間も無駄な時間をすごしましたよォォォォォ!

 

玉袋 でも、山本さんは死ぬ前に、いろんなところに種撒いてるからね。最初の奥さんの子どもと、二番目の子ども、ずいぶんデカくなっちゃってるんだろ? もう。

 

ターザン もう、いい大人だよね。でも、思うんだけどさ、普通は離婚しても子どもは親に会いに行くじゃない? 俺のとこだけ誰も会いにこないよお!

 

椎名 それは、ターザン山本として、いろいろ有名すぎるからだと思いますけど(笑)。

 

玉袋 二人とも女の子だろ? それもあんのかな。

 

ターザン でも、女性に聞いてみると、「私だったら会いに行く」って言ってたもん。それが一度も会いに来ないからね。上はもう3738歳で、下が2627歳だもん。

 

玉袋 『週プロ』編集長時代にちっちゃかった子が、もう2627歳なんだ。

 

ターザン 小学4~5年のときに別れて以来、一度も会ってないんだもん。俺ほど不幸な男はいませんよお!

 

玉袋 無頼だね~。

 

ターザン しかも2番めの奥さんの子どもは、大学3年のときに子ども生んでるんだもん。

 

玉袋 じゃあ、孫がいるんだ!

 

ターザン それを、元奥さんのお父さんが教えてくれたんだよ。急に電話してきて「昨日生まれたから」って。そのときはビックリしたね~。俺も大学時代に学生結婚してるけど、自分の娘は大学3年生で子どもを産んだんだから。どれだけハレンチな親子なんだよ!(笑)。

 

椎名 アハハハハハ。

 

玉袋 完全にターザン山本の血がそうさせてるな(笑)。

 

ターザン でも元奥さんは、お父さんが俺に電話したことを知って怒っちゃって、「二度と連絡取るな」って言ったらしいよ。

 

椎名 どんだけ嫌われてるんですか(笑)。

 

ターザン でも、お父さんやお母さんからは、いまだに年賀状来たりするんですよ。そこに電話番号が書いてて「よかったら電話してください」って、娘のこと教えようとするんですよ。

 

玉袋 いやー、もう映画化決定でいいんじゃねえか? この人生。

 

ガンツ いまどき、芸人でもいないですよね。

 

玉袋 いねえ。いねえよ。

 

ターザン だから娘に2番めの子どもが生まれたかどうかもわかんないわけよ。どこに住んでるかも、旦那さんがどんな人かもまったくわかんない。悲劇だよ。

 

玉袋 そして残されたのは、「砂の城」と言われた京成立石の建売住宅だけだもんな。カミさんが逃げる前はモーレツに仕事やって、お金だけはガンガン入れて、ってやってたんだけど、それが砂上の楼閣だったという。

 

ターザン しかもローンが1千何百万円残ってたよ!

 

玉袋 そこにポツンと取り残されて、猫と暮らしたっていうんだからさ。映画だよ。

 

ガンツ しかも野良猫という(笑)。

 

ターザン 毎日、野良猫に餌やってたもん。

 

ガンツ なんで餌付けしてるんですか(笑)。

 

ターザン なぜかっていうと、「野良猫に餌やったら自分の代わりに死んでくれる」って誰か言ってたんだよ。

 

椎名 ワハハハハハ! それ呪術ですよ!(笑)。

 

ターザン だから毎日、ペットショップで買ってきた餌を与えてたら、野良猫なのにブクブク太っちゃってさ(笑)。ブッチャーみたいに太ってるわけですよ! それで、近所に猫が嫌いな人がいて、家の周りに猫を寄せ付けない薬みたいなの撒いてるんだけど、俺には直接文句言ってこないわけよ!

 

椎名 怖がっちゃって(笑)。

 

玉袋 キ◯◯イに関わりたくなかったんだろうな(笑)。山本さん、立石の家は結局売れたの?

 

ターザン いやね。ローンが残ってるときに、毎月の返済額が8万5千円で、ボーナス払いもあったから、さらに年2回50万円払わなきゃいけなかったの。で、そんなの払えないじゃない? ヤケクソで払わずにいたら、どんどん溜まってきてさ。そしてついに債権会社が俺のとこ来たわけですよ!

 

椎名 度胸ありますね~(笑)。

 

ターザン 「このまま払わなかったら、どんどん利子がついて、借金が膨らむ一方です」って。そしたらもう売るしかないって決めたのよ。で、「これ売れるんですか?」って聞いたら、「売れない」って言われてさ。

 

ガンツ ローンは1千万以上残ってるのに、資産価値はなし(笑)。

 

ターザン そうやって脅してきたから、俺は言ったわけですよ。「俺はターザン山本だよ!」って。そしたら向こうはビビったよ!

 

ガンツ ターザン山本の名前にどんな効力があるんですか(笑)。

 

ターザン いや、向こうに俺を知ってる人がいたんだよ。だからビビって、「一生懸命売りましょう」ってなってさ。そしたら買い手がついたんですよ! あんなボロカスな家に。部屋中、猫がひっかきまくってる家なのに(笑)。

 

ガンツ メンテナンスゼロですからね(笑)。

 

ターザン 買い手はリフォームして、人に貸そうとしたらしいんだよね。それでなんと、900万円で売れたんですよ!

 

玉袋 おお、凄い!

 

ターザン 俺、助かってさあ。もうガッツポーズだよ!

 

椎名 ガッツポーズ(笑)。

 

ターザン それでも150万くらいはローンが残ったんだけど、それは月々2万円ずつぐらい払えばいいってことになって。それから4年ぐらい払って、いま残り32万円ですよ。

 

玉袋 おっ、あと少しじゃないですか。

 

ターザン でも、払ってなかったときの利子が95万円になってるんだよ~。まあ、それは仕方がないね。あと面白いのは、あの家をリフォームしたあと、借り手がいたんだけど、その人が半年ぐらいで出ていったあと、誰も入らないんですよぉ!

 

ガンツ 入居者なしですか(笑)。

 

玉袋 悪魔の棲む家だな(笑)。

 

椎名 山本さんの霊が出てくるんじゃないですか? 成仏させてくれ~(笑)。

 

玉袋 まあでも、実際に成仏はできなかったよな。51歳で死に体になってからな。

 

ガンツ でも、その死に体になった直後のターザン山本と、最も深い関わりをしたのが浅草キッドですよね(笑)。

 

玉袋 な~んか、ほっとけなかったんだよな。俺たちは、山本さんが編集長やってた頃の『週刊プロレス』のファンだったから。

 

ガンツ それでキッド主催のお笑いの舞台とか、CSのテレビ番組とかのターザン山本を出してたんですよね。

 

玉袋 『浅草お兄さん会』とかCSの『チャンネル北野』とかな。

 

ターザン あのとき、東京ダイナマイトとか、マキタスポーツとかいっぱいいたわけですよ。俺も漫才やらされたり、パンツ脱がされたりとかしてさあ。さんざんいじられたわけですよ。でも俺、全然ブレイクしなかったよ! 期待を裏切ったわけですよおおお!

 

ガンツ 東京ダイナマイトもマキタスポーツさんも売れましたからね。浅草キッドが関わって、唯一売れなかったのが、ターザン山本(笑)。

 

ターザン そうですよぉ! 鈴木その子さんとか、浅草キッドが推した人はみんなブレイクしてるのに、俺が唯一、売れなかったんですよォォォォォ!

 

椎名 でも、だから元気なんですよ。

 

ターザン ん? そうなん?

 

玉袋 芸人はともかく、素人でブレイクした人はみんな死んじゃったから。鈴木その子さんも死んじゃったし、城南電気の宮路社長も亡くなったからな。

 

ターザン そうかあ! 生きてるほうが勝ちだもんなあ!(あっさり)。

 

玉袋 だから山本さんは、あんな目に遭ってるのに、自殺のほうに舵を切らなかったのが凄いよな。

 

ターザン あのね、いまから思い出すと、自殺寸前なんだよ。

 

玉袋 やっぱり、そうなってた?

 

ターザン 18年前にNちゃん(元奥さん)が逃げたじゃない? あのときに、頭おかしくなって。家にいても天井が落ちてくるとか、壁が俺をにらみつけたりとか、そういう幻覚に苦しめられてさあ。それで、街を徘徊、放浪したりしてたもん。危険な状態になったんですよ。でも、そこでボクは開き直って、ベースボール・マガジン社の社長とか、いろんな人に「逃げられたよ!」って、しゃべりまくったわけですよ。

 

玉袋 溜めなかったんだ。

 

ターザン あそこで溜め込んでたら、俺は完全に鬱病になってたね。あそこでアウトプットしたことで助かったんよ。みんなから言われる前に「逃げた!」とかさ。

 

椎名 いまもアウトプットし続けてる感じですもんね(笑)。

 

玉袋 なんでも言っちゃうんだよ。インポだとかなんだとかさ(笑)。

 

ターザン でも、Nちゃんが逃げた2年後にさ、Nちゃんの弟が電話してきて、「(元『週プロ』記者の)鈴木健と再婚した」って言われたときは衝撃だったね~~!

 

ガンツ まさに、かつての『週プロ』の表紙コピーばりに「Sは鈴木だった!」という(笑)。

 

ターザン そうそう(笑)。

 

玉袋 てめえの部下に女房取られてな。

 

椎名 でも山本さんの奥さんは、『週プロ』編集部みんなの憧れの的だったって何かで読みましたけどね。あんな奥さんがほしいって、とくに安西(伸一)さんがそう思ってたって。

 

ターザン 安西なんか、Nちゃんが妊娠したとき、お腹触ったりしてたんだもん。変態ですよアイツは!

 

玉袋 まあ、『週プロ』編集部は変態の巣窟だったってことだよな。だからこそ、狂ってるおもしれえもんになってたんだろうしね。

 

ターザン Nちゃんは、俺が編集部で徹夜続きで家に帰れないとき、着替えなんかを持ってくるじゃない? そのとき、立石の焼き鳥屋とかで、編集部の連中への差し入れを必ず買ってきてたんだよね。

 

ガンツ 女っ気のない編集部に、そういう人が来たら、憧れちゃったりするんでしょうね。

 

玉袋 なっちゃうよ。でもさ、奥さんに逃げられたあとの、ターザン山本の狂い咲きっぷりも良かったよ。まだ才能がまだ枯渇する前だから。

 

ガンツ そこは猪木イズムですよね。猪木さんも倍賞美津子さんとの離婚で、絶望的になりながら、巌流島の決闘に向かうっていう。

 

玉袋 そうなんだよな。もう巌流島に行くしかなかったんだよな、あんときの猪木は。

 

ターザン だからね、ボクがNちゃんに逃げられたあと思ったのは、過ぎたこと、起こったことはネタにするしかないと。自分の最悪の出来事はネタにしろ、ギャグにしろと思ってアウトプットした。

 

玉袋 「人生はギャグだ!」だもんな。

 

ターザン でも逃げたあとに、生活費として現金20万円、貯金通帳に50万円置いていったことは、カッコいい女の人だよね。

 

ガンツ 一応、ギリギリ生きてけるだけのお金を残してくれたんですね(笑)。

 

玉袋 ライフラインな。

 

ターザン 「私が逃げても、あなたは生活力があるので大丈夫ですよ」って置き手紙に書いてあって。俺、しらけたよ!(笑)。自分が貯金とかほとんど全部持っていってスッカラカンになっても、あなたは大丈夫よって。手紙でそんなこと書いてるんだよ!

 

椎名 女はひどいよねえ。大丈夫なわけないじゃないですかねえ(笑)。

 

玉袋 そりゃ、立ち直れねえよなあ。

 

椎名 全然予兆はなく、突然いなくなったんですか?

 

ターザン 予兆も何も、こっちはまったく気づいてないんですよ。でも、いま考えると逃げられるような理由だらけなんだけどね。

 

玉袋 そりゃ逃げるだろう。『週プロ』の編集長から、粗大ゴミに落ちぶれてんだから。

 

ターザン ベースボール(・マガジン社)を辞めたときに収入が3分の1とか4分の1に減ったじゃない? それで俺は仕事にも行かず、俺はグダグダグダグダ、家にゴロゴロしてるわけよ。で、主婦って旦那が家にいることを一番嫌がるんだよね。いままで、ずっと会社にいたからわからなかったけど、俺なんか家にいるときは、粗大ゴミみたいなだらしない男なんですよ。それがずっと家にいることが、まず彼女の最大限のストレスになって。さらに俺はさあ、彼女がどっかに出かけると「どこにいるんだ? いつ帰ってくるんだ?」とか、すぐに電話するんだよね。

 

ガンツ まさに、いま話題の高橋ジョージのように(笑)。

 

椎名 「モラハラ」だったんだ(笑)。

 

ターザン あと、元Uインターの鈴木健っているじゃない? あいつが俺を麻雀に誘うわけよ。それで俺はノコノコ徹夜麻雀しに行くんだけど、行くときはNちゃんに「いまから麻雀行くから3万くれ」とか言うわけでしょ? そんな感じで、ダメな俺を年がら年中見続けることになるわけですよ。それで土曜・日曜は競馬で、平日は仕事する気ないでしょ? だから彼女が俺に見切りをつけたのは正しいわけよ。だって、仕事もせずに鈴木健と徹マンしに行って朝帰ってくるわけよ? そりゃ逃げるよお!

 

玉袋 「波瀾万丈」とはターザン山本のためにある言葉だよな(笑)。

>