• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.07.14

【IGF】IGF初戦の大地、藤田の前に142秒で玉砕!! 小川&ミノワマンは元K-1コンビを撃破!! 

7月13日(日)、アントニオ猪木率いるIGFが福岡国際センターで、『GENOME30』を開催。4,889人の観衆を集めた。ZERO1を辞め、今年6月に入団した故・橋本真也さんの息子・大地はセミファイナルに登場。かつて父親の付き人だった藤田和之と対戦したが、わずか142秒でパワーボムで敗れた。メインイベントは小川直也とミノワマンが異色のタッグを結成。ジェロム・レ・バンナ&天田ヒロミの元K-1コンビと対戦し、橋本さんとのOH砲の必殺技だったオレごと刈れで、天田を葬った。また、故郷・九州凱旋を飾った熊本出身の将軍岡本は中国のワン・ビンをわずか59秒で勝利している。

IGF『GENOME30』
■2014年7月13日(日) 福岡・福岡国際センター 観衆:4,889人(主催者発表)

[第0試合-1/IGF MMA オープニングファイト ルールマッチ オープンウエイト級]
○ アイアンホース田中 (4分7秒、レフリーストップ) SHUNYA × 

[第0試合-2/IGF MMA オープニングファイト ルールマッチ オープンウエイト級]
○ 上田将竜 (3分44秒、逆十字固め) 拓也 ×

[第1試合]
○ 澤田敦士 (2分16秒、袖車) 奥田啓介 ×

[第2試合]
○ 原学 (11分29秒、右ハイキック→片エビ固め) 岩本煌史 ×

[第3試合/将軍岡本九州凱旋マッチ]
○ 将軍岡本 (59秒、STF) ワン・ビン ×

[第4試合]
○ エディ・フレンチ(9分30秒、足折りエビ固め) 5代目ブラックタイガー ×

[第5試合]
○ クラッシャー川口 (5分21秒、アームロック→レフリーストップ) 鈴川真一 ×

[第6試合/セミファイナル]
○ 藤田和之(2分22秒、パワーボム→エビ固め) 橋本大地 ×

[第7試合/メインイベント/IGFスぺシャルタッグマッチ]
小川 直也
○ 小川直也&ミノワマン (7分54秒、オレごと刈れ→片エビ固め) ジェロム・レ・バンナ&天田 ヒロミ ×
 
>