• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.07.11

表紙&巻頭は桜庭和志×デイナ・ホワイト! 『KAMINOGE』vol.32 は7月下旬発売!

7月下旬発売! 『KAMINOGE』vol.32のコンテンツはこちら!
 
SAKU LOVER FOREVER
デイナ・ホワイトの、サクラバへの異常な愛情。

 
[INTERVIEW]
■桜庭和志×デイナ・ホワイト(UFC代表・熱狂的サクラバファン)
今年も“メジャー格闘技の聖地”さいたまスーパーアリーナにやってくる!
9・20『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2014』開催記念スペシャル
 
「今度ラスベガスに来てくれたら最高なんだけど、どうかな? 
ファンは大騒ぎすると思う」(デイナ)
 
「UFCでヴァンダレイと4回目の対決をさせてくれないかなー?」(桜庭)
 
 
■天龍源一郎×鈴木みのる
かつてトガりまくっていた“世界一性格の悪い男”はなぜプロレスに開眼できたのか?
SWS時代の恩讐を越え、“ミスタープロレス”から伝授された奥義とは?
 
「ちょっと、これは書かないで。
これを読んで、みんなが真似をするといけないから(笑)」(天龍)
 
「天龍さんのあの一言は本当に衝撃でしたね。
俺はいままでそんなこと考えたこともなかった」(鈴木)
 
 
■マッコイ斎藤(演出家)
大井洋一の『THE KAMINOGE OUTSIDER』第7戦
祝・伝説のアントニオ猪木vsモハメド・アリ史上初のDVD化!
バラエティ界の王者がブラッシー(大井)を従えて本誌初登場!
奇才のお笑い演出家は猪木vsアリ戦を観て何を感じたのか?
 
「アリは本当に芸達者であんなに盛り上げのパフォーマンスする人いないよ。
一方の猪木は風林火山にかこつけて“動かざること山のごとし”みたいな。
猪木vsアリ戦はロケコントの元祖だよ」
 
 
■マーク・ハント×高阪剛
伝説のTK引退試合から8年、日本のサムライとサモアの怪人が再会!!
驚愕の事実! ハントの強さの秘密は新日本プロレス式・練習法にあった!?
 
「自分が勝てるようになったのはハードトレーニングをするようになったから。
K-1の頃はちゃんとやってなかったけど」(ハント)
 
「UFCのトップクラスっていうのは厳しい世界だけど、
マークはもともと持っている能力がMMAに向いてたんだろうね」(高阪)
 
 
■ロイ・ネルソン
UFCのインテリジェンス・モンスター、その独特のルックス誕生秘話を語る!
WWEに行っても成功し、PRIDEに出ていたらサップ以上の人気者になれたと断言!!
 
「俺たちが殴り合うのはそれが仕事だし、
ファンを喜ばせるという目的があるからだ。
それってボブ・サップがおもしろおかしく立ち振る舞うのと
同じエンターテインメントだよ」
 
 
■嶋田隆司(ゆでたまご)×春一番
[追悼企画]
さようなら、春一番さん。(2006年11月収録)
 
「『死ぬかもしれない』じゃなくて『死にます』って言われたから、
猪木さんがお見舞いに来てくれたんです。
そしたら次の日からシャキッとしちゃって、
それから仲良くなっちゃいましたねえ、猪木さんと(笑)」(春)
 
 
■青木真也×ジェーン・スー
解消!『青木いつまでUFCに行かないつもりだ問題』
「選択肢の増加」と「多様性の容認」は現代人にとっての大きなテーマです。
 
「青木さんが『なんでUFCに行かないんだ』って言われてるのって、
『なんで結婚しないんだ』と法事で親戚じゅうに吊るし上げられてる
アラサー女みたいな感じですよね(笑)」
 
 
■ザ・グレート・サスケ&バラモン・シュウ&バラモン・ケイ
プロレス界を席巻中のカルト集団との接触に成功!
現代科学では解き明かせない、“マスター”サスケの能力とは?
そしてバラモン兄弟、驚愕の生い立ちとは?
 
「いまは現在進行形で地球の危機を救ってるんですけど、
万が一のことがないとも限らないわけです。
その場合、信者の皆さんのことだけは絶対救います!」(サスケ)
 
 
[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎“プロレス界の帝王・髙山善廣”変態座談会
Uインター、全日本からPRIDEまでひと跨ぎ!
あらゆる団体を渡り歩き、髙田vsヒクソンから
全日本分裂までを見届けた大巨人の、ひとりガリバー旅行記!!
 
 
[INTERVIEW]
■KAI
「邪道魂」の旗を振り、活き活き塾のTシャツを着て浜口ジム通い!!
W-1のエース候補は邪道信者&変態的プロレスマニア!!
8・1『しゃちほこ大花火』で電流爆破に初挑戦!!
 
「中3で鬱になってしまったときに
大仁田さんに出会って、あの人の言葉とかに救われた。
誰がなんと言おうとW-1のエースは俺なん邪ッ!!」
 
 
■マッスル坂井
6月29日、マッスル坂井と神保町・サイゼリアで。
「今日は釣り具屋の店主に完全に天狗の鼻をへし折られましたよね。
後楽園の控え室では鈴木みのるさんに軽く3発ぐらいビンタをされましたし」
 
■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』
 
■空前絶後の夏が来た!
★『木谷さんのFAX通信』
 
[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

 
[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第4話


『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 32

発売日:2014年7月下旬
定価:954円(税抜き) 
発行:東邦出版 

ローソングループの運営する通販サイト『エルパカBOOKS』で購入すると、
ネット最速でお手元に届きます。

通販用リンク
PCの方はこちら!
携帯の方はこちら!

 
>