• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2015.01.13

桜庭和志vsスーパー・ササダンゴ・マシン! 『KAMINOGE』vol.38は1月下旬発売!

1月下旬発売! 『KAMINOGE』vol.38のコンテンツはこれだ!
 
そうです、これが2015年の。
2・15『さいたまスーパーDDT 2015』で
驚愕のKAMINOGEファミリー対決実現!!!
桜庭和志vsスーパー・ササダンゴ・マシン


『KAMINOGE』(かみのげ)vol. 38
発売日:2015年1月下旬
定価:954円(税抜き)
発行:東邦出版

 
■テリー・ファンク&天龍源一郎
タフなカーニバルに人生を捧げた
レジェンド2人が久々の邂逅!

「本当のハードコアというのは、
俺たちがオールジャパンでやっていたような、
ピュアなレスリングを思い切り死ぬ気でやる試合のことだ」(テリー)
「目一杯相手の技を受けて、
目一杯返していくっていう全日本のプロレスは、
テリーさんから伝わってるプロレスだと思いますよ」(天龍)


■12・31『MEGA BATTLE LEGEND 2014 大晦日 前田日明に触れてみよ。ZERO』レポート

 
■スーパー・ササダンゴ・マシン
待望の本誌初登場! アハハオホホの帝王が
2・15桜庭和志戦決定に超シリアスモード!!
 
「2014年下半期、煽りパワーポイントで若干話題になったけどね、
世間様からは『でも負けたんでしょ?』って言われたんですよ!
勝ってたらスティーブ・ジョブズなんですから
もう勝たないといけない!!」
 
 
■中邑真輔
プロレスとは命懸けのエンターテインメント
だからこそヨシタツに怒る!
そしてついにスーパー・ササダンゴ・マシンにも言及!
 
「『命懸けてるんだよ』っていうのは常々言ってることで。
だから身体と技術を鍛えてリングに上がらなきゃいけない。
死ぬかもしれないんだから」
 
 
■“ゴールデン・カップス”安生洋二×髙山善廣×山本喧一
3・19安生引退興行で一夜限りの再結成!
伝説のユニットが、あの頃のように言いたい放題!
 
「ゴールデン・カップスの活動期間が短かったのは、
『ヤバい、インディのカリスマになっていく……。
このままだと、(U系に)戻れなくなるぞ?』っていう恐怖心があったから。
すべてはUインターのためだったんだけど」(安生)
 
 
■葛西純
デスマッチのカリスマにして良きパパ!
クレイジーモンキーが語る生と死、そして愛!!
 
「デスマッチの前に『死ぬ気でリングに上がる』って
言うヤツがいるんですけど、
バカじゃねえのかって思いますね。
デスマッチってのは、生き残るために闘うものだと思ってますから」
 
 
■玉袋筋太郎「過激な仕掛け人”新間寿・変態座談会」
アントニオ猪木の右腕が語る、
アントンハイセル、UWF、ジャイアント馬場……。
さらには幻に終わったジャンボ鶴田引き抜きの真実まで!
 
 
■長州力 with hy4_4yh(ハイパーヨーヨ)
2014年の忘年会は革命戦士&U系アイドルと共に。
革命戦士が音楽における革命の起こし方を渋々伝授!!
 
「長州さん、オレたち音楽で革命起こしたいんですけど
どうやって起こせばいいですか?」
「ああ、悪いことは言わない! やめたほうがいい。
革命ってめっちゃくちゃシンドイんですよ」
 
 
■有馬和樹(おとぎ話)&小池瑞香(通訳・翻訳家)
人気上昇中・おとぎ話の本質は寝技の弱さにあった!?
フロントマンと熱狂リスナーによる“寝技白帯”スタンディングバウト! !
 
「私は基本死にたい感じなんだけど、おとぎ話を聴いて
『なんか生きるのも楽しいんだろうな』って思った」(小池)
「俺、知らないあいだにそんなに人の人生
背負ってるとは思わなかったですよ!」(有馬)


■磯 毅寛(リバーサル代表)&MARILYN(ポールダンサー)
あの中邑真輔コスプレイヤーが舞う!
あの格闘技ブランド・リバーサルの社長も狂う!!
『いま、にわかにマット界を侵食するポールダンスの魅力とは何か?』

 
■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』
 
■ついにプロレス転向!
★岡倫之の『オカロード番外編』
 

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』

 
[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第10話
>