• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2014.06.19

KAMINOGE vol.31

KAMINOGE vol.31
6月下旬発売!『KAMINOGE』vol.31のコンテンツ一覧はこちらです!

HE'S BACK AGAIN!!!
信用できすぎる男が帰ってまいりました。

現役復帰もある!?
須藤元気

新・総合格闘技イベント『REAL FIGHT CHAMPIONSHIP』総合プロデューサーに就任

「格闘技界が今のような状態になることは、2003年からわかっていました」

[INTERVIEW]
■鈴木みのる×髙山善廣
待望の鈴木みのるvs桜庭和志・正式開戦(?)記念スペシャル!
“かつてU系戦士が現代プロレスに完全アジャストした瞬間”を探る!!

「子どもの頃にどんなプロレスの見方をしていたかが
レスラーになってからリング上に出る。
そこを“仕事”としてやってるヤツは
やっぱり本能で出てこないんだよ」(鈴木)

「UWFルールではできなかったプロレス特有の動きを
なんでもやってやろうっていうワクワク感があったよ。
俺はそれを全部やっただけだからさ」(髙山)

■須藤元気[『REAL FIGHT CHAMPIONSHIP』総合プロデューサー]
いまの格闘技界には“華やかさ”と“軽やかさ”、
そして“物語性”が足りない!

新MMAイベント『REAL FIGHT CHAMPIONSHIP』とは何か?
正論しか言わないのにおもしろい、信用できすぎる男が帰還!!

「格闘技界がいまのような状況になることは2003年にわかっていた。
でもボクが持っているプランが実現したら、
また格闘技が盛り上がるという絶対的な自信があるんだよね」

■前田日明×カンパニー松尾
まさに“釈迦に説法”! アキラ兄さんがカリスマAV監督に
精力回復、マ○コの育て方、名器の見分け方を徹底伝授!!

「俺らがあと20年も生きていくうえで必要なものは、
神様じゃなくてコミュニケーションなんですよね」(前田)

「前田さんは男優デビューをする気はないですか?
東京ドームで新山かえでとデスマッチで闘ってくださいよ」(松尾)

■中邑真輔
未知との遭遇で加速しまくる運命は“難題・グレイシーとのプロレス”も突破! 
中邑式「おしっこを漏らす感覚」で、さらに自己を解放させ続ける理由とは?

「ずっと真面目すぎたんだと思う。
それがどっかでひっくり返って、やがてドロドロと
中邑真輔の垂れ流しが始まったんじゃないですかね」

■所英男
こう見えても今年で37歳!
コク知らずの中年“逆境ファイター”が
引退も考えたどん底から再び世界を目指す!!

「アメリカへの挑戦をやんないと、
燃え尽きることができないと思ったんですよね。
まずは『GRANDSLAM』という大会で勝って、
自分から売り込んでいきたいです」

■ダニー・ホッジ with 安生洋二
生ける伝説、飛来! 82歳の「負けを知らない男」が、
現役レスラーに負けない凄みとプライドを見せる!
さらに、インタビュー中にまさかのスパーリング敢行!?

「もし私がモハメド・アリと闘ったら?
いつもと同じだよ。彼はテイクダウンされ、
すぐにライトを見上げることになるだろう。
そこからはすべて、私の思うままさ」

[HENTAI ZADANKAI]
■玉袋筋太郎“志生野温夫”変態座談会
御年81歳にして現役!!
アナウンサーの“びっくり日本新記録”!?
力道山、ON、全女、そして鳥人間まで網羅する昭和の語り部登場!!

[INTERVIEW]
■山本アーセン
熱い! ヤバい! 天然! そして異常な家族愛!
レスリングエリート一家・山本一族の素顔に迫る!!

「どうやら山本一族はおじいちゃん(山本郁榮)の代から
様子がおかしくなったらしいんですよ。
つまり一族に確変が起きたという」

■マッスル坂井
5月18日、マッスル坂井と 渋谷・ペールワンズで。
「なんで俺はこんな楽しい東京から300キロも離れたところに
住んでんだろう?死にたいよ、もう」

■大人気連載!
★『鈴木みのるのふたり言』

■「夏の3大ガッデム」とは?
★『木谷さんのFAX通信』

[COLUMN]
★バッファロー吾郎Aの『きむコロ列伝!!』
★プチ鹿島 『俺の人生にも、一度くらい幸せなコラムがあってもいい。』
★椎名基樹 『自己投影観戦記~できれば強くなりたかった~』
★九龍ジョー 『ワカとモモと池田屋へお散歩。』


[COMIC]
★古泉智浩 『仮面サンクス』第3話
>